怒りの獣神サンダーライガー鬼神に変身

2020年レッスルキングダムで引退を決めた獣神サンダーライガー
これまで数多くの名勝負を展開、IWGPヘビー級王者橋本真也にも挑戦した獣神サンダーライガー。
その時に変身したヘビー級バージョンの獣神サンダーライガー
獣神サンダーライガー変身

生きる伝説獣神サンダー・ライガーついに引退を表明。


ファイナルステージが近づく獣神サンダーライガーの前に現れたのは
プロレス王鈴木みのる。
鈴木みのるは獣神サンダーライガーのマスクをはぎ暴挙に出た、獣神サンダーライガーと戦う既成事実を作るために。
獣神サンダーライガーに牙をむく鈴木みのる。

獣神サンダーライガーも黙って引き下がる選手ではない
これまで適材適所で変身してきた獣神サンダーライガー
ついに奥の手鬼神に変化した。

グレート・ムタ用に作った鬼神ライガー、ついに暴挙にでる鈴木みのるの前に出現した。
自らマスクを脱いだその素顔は鬼神であった。

画像出典元
NJPW

事件が起きたのは開始からわずか3分足らずでのことだった。マスクに手をかけるなどやりたい放題のみのるに対し、急所蹴りを見舞ったライガーは直後に何と自らマスクを脱ぐ。白くペイントされた狂気の“鬼神ライガー”が、初登場(1996年10月、グレート・ムタ戦)の地・神戸に姿を現した。 2012年6月の大阪大会以来、実に7年3か月ぶりに降臨した鬼神ライガーは、みのるに毒霧を噴射するなど大暴れ。反則負けが宣告された後もみのるに襲いかかるなど遺恨はさらに深まり、両雄の「最後の一騎打ち」はいよいよ避けて通れなくなってきた。

令和の世に登場した鬼神ライガーはプレミアムものである。
引退を決めたライガーであったがその闘争心はいまだ消える事はない。

鈴木みのると決戦はもう避けれない獣神サンダーライガー
引退前に大暴れを見せてほしい。

あわせて読みたい記事