生きる伝説獣神サンダーライガー

獣神サンダーライガー

日本だけではなく、世界のプロレスファンから愛されているレスラー

現役も間もないと言われているが

ライガーの残した足跡は大きく

今でも、海外からのオファーが絶えないレスラーである

獣神サンダーライガー
画像出典元 新日本プロレス

藤波辰巳はが新日本プロレスにジュニアヘビー級ブームを持ち込み

ドラゴン殺法を披露

 

藤波辰巳

藤波辰巳現役
画像出典元
プロレスリングマスターズ
NJPW

藤波辰巳~藤波辰爾

ドラゴンスープレックス

ドラゴンスクリュー

ドラゴンロケットなど。

現在でも使い手が多い技棚橋弘至などは藤波のドラゴン殺法を継承している。

 

初代タイガー・マスク

新日本プロレスをブームに持ち込んだタイガー・マスクの4次元殺法

越中詩朗と高田延彦

このころ2人の激闘で

ジュニアヘビー級に新たなベルト

IWGPジュニアヘビー級のベルトが創設された。

獣神サンダーライガー

 

生きる伝説と化した獣神サンダーライガー

 

ライガーの正体はもう言わずともしれてる○田

 

若手時代から、蝶野や橋本などを圧倒する

プロレスセンスを持っていた

素顔の時代は、骨法などを屈指

小林邦明との名勝負も繰り広げた

 

 

ヘビー級選手との数々の名勝負

170cmとレスラーとしては小兵だが

ジュニアヘビー級だけではなく

プロレスラーとして数々の伝説を作ってきた

 

今でも日本も含め海外でも高い評価を受け続けるレスラー

タイガーマスクがプロレス界から消えた後

アニメ戦士獣神ライガーが誕生しジュニアヘビー級盛り上げた・。

 

 

誰しもが、タイガーマスクの2番煎じとして、お茶を濁すのかと思いきや

タイガーマスクの時代よりはるかに凄い戦いを長期にわたって見せてくれた

ライガー、アニメの進化にあわせて、サンダーライガーとなる

コスチューム変化も行われた

 

ライガーの凄いところは、ヘビー級にも通用する

ジュニアヘビー級戦士

ジュニアヘビー級としてIWGPヘビー王者橋本真也に挑戦

素晴らしい試合は記憶に残る

獣神サンダーライガー
画像出典元 新日本プロレス

画像出典元 新日本プロレス

新日本ジュニアヘビー級黄金時代

 

ライガーが進化した理由は数多くのジュニアヘビー級のライバル選手がいた

 

タイガーマスクの時は、小林邦明(虎ハンター)、ブラックタイガー、ダイナマイトキッドなどと名勝負が生まれていたが

 

その後のジュニアヘビー級の進化はすさまじかった

ヘビー級の試合を食う勢いで名選手が増えて行った

 

 





 

越中史郎、小林邦明、ヒロ斉藤、高田伸彦、山崎一夫、馳浩、オーエンハート、金本浩二、ペガサスキッド

保永昇男、佐野直喜、エルサムライ、ブラックタイガー、大谷晋二郎、高岩竜一

数多くの選手が、IWGPジュニアヘビー級の王座を狙っていた

 

団体の数も少なく

新日本プロレス、全日本プロレスの2強時代

誰しもが、新日本のIWGPジュニアヘビー級のベルトを巻いてるものが

ジュニアーヘビー級のNO1と思っていた

初代王者越中詩郎の初代王者時代

高田伸彦、オーエンハート、小林邦明、馳浩などが名勝負を繰り広げていた

そのなかに、ライガー世代と、金本、大谷世代が加わり、大混戦の戦いを演じた

 

越中、高田がヘビーに転向すると

ライガーを中心に、ジュニアヘビー級が動き出す

9代IWGPジュニアヘビー級になったライガーだが、絶対王者ではなく、王者もめまぐるしく

交代していく

しかし、目指すは打倒ライガーで全選手が、ライガーを目標にしていた

 

ライガーの試合は、当時の流行言葉では、試合がスイングすると言われ、見るものも圧倒した

 

ライガーは誰と対戦しても、かみ合う所謂、スイングする

長州と、藤波が対戦した時にスイングするが

ライガーとの試合では、誰しもが光って見えた

そこが、獣神サンダーライガーの評価が上がる所以でもあった。

 

特に外国人戦士

クリスベノワとの対戦は・・・

ワイルド・ペガサスのリングネームでジュニアヘビー級で活躍していた。
ジュニアヘビー級では彼は怪物

 

壮絶な一騎打ちで、勝敗はいつも僅差であった。

 

雪雪崩式の技

雪雪崩式の技といえば、ブレンバスターなどが、今ではポピュラーだが

この、ライガー全盛期にはとんでもない、雪雪崩式の危険技が飛び交っていた

 

雪雪崩式ブレーンバスター 獣神サンダーライガー
画像出典元東スポ

 

雪雪崩式がブームといっても過言ではない時期

ジュニアの試合は雪雪崩式の技で決まることが多く

ライガーを倒すために

 

様々な雪雪崩式が生まれた。

 

究極な危険技といえば

ワイルドペガサスが使った

雪雪崩式、パワーボムであろう今でも映像を見るとゾッとする技

 

ライガーが作ってきた、ジュニアヘビー級は今でも脈々と受け継がれていく

今では、ライガーも第一線から退いているが

生きる伝説としてまだまだ頑張ってもらいたいと切に思う

 

 

 

31日の新日本プロレス大阪大会「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア(BOSJ)」Aブロック公式戦で、今大会が最後の出場となる獣神サンダー・ライガーはタイチ(37)を撃破し、有終の美を飾った。

中邑真輔が語る

ライガーは海外での評価も高い

 

今でもオファーが絶えないのはライガーだけと・・・

IWGPジュニアヘビー級王座に挑戦チャンピオンを坊主と呼ぶレジェンド

新日本プロレスの歴史を堪能したい石守が獣神サンダーライガーをリングに招き入れた。

2019年獣神サンダーライガーがベルト奪うとなれば快挙達成となるのは間違いない。

推定年齢50歳半ばの獣神サンダーライガーだが、現IWGPヘビー級王者石森太二からピンフォール勝ちを奪って見せた。

 

 

獣神サンダーライガー最後の挑戦IWGPジュニアヘビー級選手権

獣神サンダーライガーIWGPジュニアヘビー級王者
画像出典元
NJPW

 

獣神サンダーライガー引退表明

石森太二とのIWGPジュニアヘビー級選手権を行った獣神サンダーライガー

石森太二はリボーンをかかげ獣神サンダーライガーに挑んだ

最後のIWGPジュニアヘビー級挑戦と位置づけた獣神サンダーライガーは玉砕した。

結果獣神サンダーライガーは引退を表明した。

新日本プロレスのジュニアの象徴、獣神サンダーライガーが7日、都内の事務所で会見を行い、来年1月の東京ドーム大会(4、5日)をもって現役引退することを発表した。ライガーは、6日の大田区大会で、石森太二のIWGPジュニアヘビー級王座に挑み敗れていた。ライガーは「昨日の試合を通して、自分にはもう伸びしろがないなと感じた。今まで培ってきたテクニックなどはいくらでも生かせるが、伸びしろはないと感じた。ベルトを取ってもやめるつもりだった。東京ドームという場所を用意してくれた新日本には感謝しています」と話した。



プロデューサー獣神サンダーライガー伝説のスーパーJCUP開催

獣神サンダーライガーが全盛期

数多くのジュニアヘビー級戦士が誕生した

 

その余波は、新日本プロレスに限らず小さなインディまで

グレート・サスケやスペル・デルフィンやウルティモ・ドラゴンなど

獣神サンダーライガーは、そのジュニアヘビー級の交流を図るため

 

トーナメント形式の試合開催を発表した。

その結果多くのジュニアヘビー級戦士が新日本プロレスでメジャー選手となり

その恩恵は各団体へもたらされた。

 

その伝説のスーパーJCUPが蘇る

トーナメント、スーパーJカップを8月に米西海岸で初開催すると発表した。プロデューサーに就任した第1回大会の提唱者となる獣神サンダー・ライガーが同日、団体事務所で記者会見し「ここ数年、(ニューヨークの)マディソンスクエアガーデンをはじめ、米国での開催を重ねてまいりましたが、今回は満を持してジュニアヘビー級のみです。新日本プロレスジュニアの生の戦いで、米国の西海岸をジュニア一色に染めたいと思います」と力強く宣言していた。

あわせて読みたい記事