完成されたプロレス全日本四天王プロレス

90年代現在のプロレスの原点を作った三沢・川田・田上・小橋の四天王プロレス.
全日本 四天王プロレスとは?今見ても、色あせない試合.
伝説となり今での支持される、全日本四天王の試合。
多くの物が影響を受け、新日本プロレスの石井智弘やタイチなどはそのスタイルを継続。多くの選手に引き継がれた技の数々
三沢光晴のエルボーや、タイガードライバー、エメラルド・フロージョン
川田利明のハイキック、パワーボム、ストレッチ・プラム

小橋建太の剛腕ラリアット、ムーンサルトプレス、バーニング・ハンマー
田上明ののど輪落としのバリエーション
死闘を繰り返し、進化していった四天王プロレス。

全日本四天王プロレスとは

四天王プロレスとは全日本プロレス全盛期ファンを虜にした4人事を全日本四天王と呼んだ。
三沢光晴、川田利明、小橋建太、田上明

画像出典元全日本プロレスリング
小橋建太バーニングハンマー
現在のプロレスを見てると番外戦も多く、選手1人1人スポットを当ててわかりやすくなっている。
選手の発信もあり、ストーリーが分かりやすい。しかし当時のプロレスは、選手のコメントやインタビューは少なく。
無口で無骨を貫くスタイル、全てはリングで決着となっていた。

そんな時代、四天王プロレスとは試合で納得させるプロレス。誰が今強いか、今日は誰が勝ったのか?
反則も、リングアウトも他者の介入もない完全決着を毎回行う試合で納得させる四天王のプロレス。
試合を通じてファンと分かり合えるそんなプロレス。

プロレスでは当たり前だが完全決着を完成させたジャイアント馬場と四天王達。逃げ場のない戦いを演じてきた、四天王プロレス。

三沢光晴vs川田利明(1993年7月29日武道館)画像全日本プロレス中継

力道山から、ジャイアント馬場、アントニオ猪木と受け継がれてきたプロレス
ジャンボ鶴田、天龍源一郎ですらなしえなかった、大一番での完全決着。
タイトルマッチがメインの試合では、両者リングアウトが多く不可解な決着が定番となっていた。
反則負け、両者リングアウトで勝負が決まる。そんなプロレスを八百長と揶揄する。

ジャンボ鶴田から全日本プロレスを引き継いだ四天王、ジャンボ鶴田は、日本人最強と言われたまま、病でリングを降りた
三沢、川田、田上、小橋を育て馬場イズムの王道を4人につないで引退した。

四天王完全決着の美学

多くの選手が全日本プロレスを去った。
四天王4人を中心とした激しいプロレスを展開90年代最高のプロレスと言われた。
4人は激しく、厳しくリアルにリングで戦い、ボロボロで試合は決着。

全ての試合がベストバウトであった。
外れのない全日本四天王の試合、チケットはすぐ完売、全日本プロレスの3冠ヘビー級王座の地位は上がっていく。
4人は完全決着の美学をプロレスで作ってみせた。

今でも語り継がれる、全日本四天王。



あわせて読みたい記事