内藤哲也の主役は俺だ

 

内藤哲也がG1を制覇した2017年

2013年23回大会優勝も内藤哲也

棚橋相手に、スターダストで決着

優勝の後のセリフはこのリングの主役は俺だ!!

 

しかし、その時のファンは、内藤哲也を認めていたのだろうか?

棚橋弘至に勝った

しかし、ファンの心まで掴む事は出来なかったのだろう

まだまだ、棚橋、中邑真輔の時代と思わせる出来事が起きる

 

 

内藤がカリスマを持つ序章

オカダカズチカ、
画像出典元新日本プロレス

 

Sponsored Link




 

膝十字靭帯断裂から復帰、優勝を飾った内藤哲也

 

内藤の時代の到来か?

と思わせた、2013年

恒例のドームメイン会場での試合は、IWGPチャンプのオカダカズチカと、G1 CLIMAX 23優勝者の内藤哲也が相場

しかし、棚橋がファンに呼びかける・・・・・

 

ファン投票で、決めましょうと

結果ファン投票で、IWGPヘビーの選手権試合 オカダカズチカVS内藤哲也はメインではなく

なんと、IWGPコンチネンタルが東京ドームの最終試合に選ばれた

 

中邑真輔VS棚橋弘至

 

しかし、大会は盛り上がりを見せて終了

内藤も、オカダカズチカに敗れた

 

Sponsored Link


今になれば、「あの時は背伸びしていたな」

 

このセリフは、内藤哲也が2017年GIクライマックス後に言ったセリフ

 

画像出典元新日本プロレス

内藤の優勝を心から喜ぶファン

会場の盛り上がりを受け止める内藤哲也

 

思えば東京ドームメイン失格の烙印を押された内藤は

メキシコに渡り

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン結成

メキシコに渡らなかったら、インゴベルナブレスの仲間との出会いがなかったら、インゴベルナブレス・デ・ハポンを結成することもなかっただろう

 

みるみるうちにファンを引き付けて行った内藤哲也

今年の内藤の活躍は言うまでもない

IWGPチャンプのオカダカズチカが食われてる

今年の主役は内藤と言っても過言ではない

 

その内藤があの時は背伸びをしていた

 

しかし、いまなら言える、このリングの主役は俺だ

 

なんとも説得力のある言葉だ

東京ドーム決戦内藤哲也

 

絶対王者のいる新日本は強い

オカダ・カズチカまさにその人だ

オカダ・カズチカが新日本プロレスの看板を背負い

次々と強敵をなぎ倒し

防衛ロードを突き進んでる

もはや、この若さで、プロレス界の宝だ

この王者を倒すのは困難だろう

 

オカダ・カズチカに並ぶ選手はそうそういない

この強さ上に、オカダを誰が倒すのか?となる

内藤がファンの支持を集めてドームに立つ

 

時代はデスティーノ (内藤哲也)

画像出典元新日本プロレス
内藤哲也
画像出典元新日本プロレス

 

内藤哲也が時代に選ばれるのか

アントニオ猪木のジャイアント馬場に対してのジェラシー

藤波辰爾へのおれはお前のかませ犬じゃない

長州力

ジャンボ鶴田への反逆

天龍源一郎

三沢光晴のジャンボ鶴田への反逆

など、日本人は、革命と言う、戦いのテーマが好きで盛り上がる

 

内藤も、新日本プロレスにを敵に回し

ベルトを粗末にし

ファンを敵に回し

今ここに進化した

そして、夢の東京ドームメインに立とうとしている

Sponsored Link


 

全日本プロレス・新日本プロレス・プロレスリングレボリューション