内藤哲也2年連続でプロレス大賞MVP

内藤哲也が、プロレス大賞MVPを2年連続で受賞年間最高に活躍した選手
プロレス界に影響を与えた選手に贈られる最優秀選手賞が内藤哲也が受賞。
内藤哲也は、2年連続受賞の快挙。

過去に2年連続となれば、アントニオ猪木、ジャンボ鶴田、天龍源一郎、オカダ・カズチカとなる。
全日本プロレス四天王すら2年連続で受賞はない。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン結成多くのファンの支持を集めた内藤哲也。
時代をリードするレスラーにしか贈られない。
今内藤哲也はプロレス界を牽引するレスラーとなる。

内藤哲也MVP
内藤哲也MVP 内藤哲也画像出典元東スポ

過去の2年連続MVP

アントニオ猪木

プロレスの神と言っても過言ではないアントニオ猪木。
数々の過激な仕掛けでプロレス界をリード、破壊した新日本プロレス創設者アントニオ猪木。
異種格闘技ブームを作り数多くの名勝負をみせたアントニオ猪木。
猪木イズムは新日本プロレスに流れる。.
IWGP創設者

ジャンボ鶴田

怪物ジャンボ鶴田は、ジャイアント馬場の弟子
全日本プロレス3冠ヘビー級を統一した。
デビュー当時は、NWA世界チャンピオンを目指したが
日本人抗争が支流になるとその無類の強さを見せた
AWA世界チャンピオン奪取、スタンハンセン、ブルーザーブロディ、天龍源一郎、など名勝負
三沢光晴、川田利明、田上明、小橋建太の四天王を育てたのもジャンボ鶴田。

四天王プロレス

天龍源一郎

ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田の格下第三の男として甘んじてきた天龍が長州力との出会いで開花
天龍革命で、プロレス界に革命を起こしたミスタープロレス。

ジャイアント馬場、アントニオ猪木からピンフォールを奪った。
唯一の日本人レスラー。
ジャイアント馬場とアントニオ猪木からピンフォールを奪った唯一のレスラー天龍源一郎

枠に縛られる事無く、数多くのレスラーと名勝負を繰り出してきた天龍
天龍源一郎を知らずプロレスの革命は語れない。
引退試合の相手はオカダ・カズチカ
天龍革命

オカダ・カズチカ

現在のプロレス界のエースはオカダ・カズチカ。
新日本プロレスのV字回復を加速させたのは、オカダ・カズチカ
20代でIWGPヘビー級王者となり新日本プロレスを牽引してきた。

数々の名勝負を繰り出すベストバウトマシーン。
今からの成長も楽しみだが
現在でも、プロレス界を強さで圧巻している
オカダ・カズチカに現在勝てるレスラーがいるのか?
NEW JAPAN CUP2021・1回戦システム崩壊、鷹木信悟、オカダ・カズチカに勝利

あわせて読みたい記事