天龍源一郎ミスタープロレスと呼ばれた男

全日本プロレスからSWSへ移籍、SWS分裂後、WARを設立

しかし全日本プロレス退団後の団体は数年で崩壊

 

結果フリーとなり、夢のカードを実現していった。

天龍源一郎だから出来た、天龍源一郎が動くとプロレス界に激震が走る。

 

良くも悪くも天龍源一郎の生き様の切っ掛けを作ったのは長州力とジャンボ鶴田

この2人との戦いが天龍源一郎を作っていく。

 

天龍源一郎と長州力とジャンボ鶴田

デンジャラスK川田利明三沢光晴とのラストマッチ

特に天龍源一郎と長州力は良くも悪くも似た者同士である

長州力が動くとプロレス界が騒ぎ

天龍源一郎が動くとプロレス界に激震が走った。

 

 

角界からプロレスラーに転身した力士は数多いが

成功したレスラーは少ない

横綱で鳴り物入りで、プロレスラーなった輪島大士

 

輪島大士、北尾光司、曙なども例外ではない。

北尾光司は、新日本プロレスを得て天龍源一郎をエースとするSWSへ参戦したが

八百長発言でSWSを解雇になる。

 

唯一成功したのは曙かもしれない。

大相撲から、総合格闘技へしかし総合格闘技では失敗と言わざる得ない結果

フリーとなり世界最大級エンターテインメントプロレスWWEへ参戦

全日本プロレス、武藤敬司へ弟子入り、武藤敬司、川田利明、三沢光晴、小橋建太などと対戦

四天王と闘魂三銃士と戦う事ができた曙

 

プロレスラーとして実力をつけた曙は、全日本プロレス最高峰3冠ヘビー級王座まで上り詰めた。

 

力士は確かに強いが、プロレスはそれとは違ったものがあるのだろう

横綱輪島大士などは、西前頭筆頭までしか昇進していないプロレスラーの先輩にあたる

 

天龍源一郎にボコボコにされ引退している・・・・・・

その天龍もオカダ・カズチカとの引退試合でボコボコに

 

天龍源一郎の生き様である。

 

その天龍源一郎だが、師匠であるジャイアント馬場が創設した全日本プロレスを崩壊一歩手前まで

追い込む騒動を起こす。

 

正に天龍源一郎が動けばプロレス界に激震が走るその象徴の出来事であった。

天龍源一郎全日本プロレス入団

 

1976年相撲界に嫌気がさした天龍は

ジャイアント馬場を、紹介され全日本に入団する

当時、全日本プロレスとも親交の深い

ザ・ファンクスのもとで修業を行い

 

着々と、プロレスラーの道を歩む

当時の全日本プロレスは、ジャイアント馬場とジャンボ鶴田の2枚看板だ

ジャンボ鶴田は、アマレスオリンピック、ジャイアント馬場の後継者として順調に育つ

後にジャンボ鶴田は怪物、最強と呼ばれる

怪物、最強ジャンボ鶴田は伝説となった。

デンジャラスK川田利明三沢光晴とのラストマッチ

 

 

天龍源一郎は相撲とのギャップでしばらく結果は出ないでいた。

元々負けん気の強い、地力のある格闘家天龍源一郎

 

次第にメキメキと頭角を現す事になる。

 

見るからにジャンボ鶴田とは違い、技も不器用、受け身も不器用に見える天龍源一郎

アマレスオリンピック代表でエリートジャンボ鶴田とは、全く正反対の天龍源一郎

 

しかし頭角を現した、天龍源一郎は、全日本第3の男と呼ばれるようになる

 

天龍源一郎が仕掛けたのは、当時人の技を使うのは、タブーであった

それをあえてやったのは天龍源一郎である。

 

しかしその技は・・・

ライバル団体新日本プロレス総帥アントニオ猪木の技

延髄斬りや卍固めと言うから周囲を驚かせた。

 

全日本では異彩を放つ選手として注目を浴びる事になる



天龍源一郎、ジャンボ鶴田ダブルエース時代

第三の男と呼ばれた天龍源一郎

ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田に次ぐ第三の男・・

1982年頃になると、天龍源一郎はジャンボ鶴田のライバルと言われる。

 

ここには大きく長州力の存在が関わっており

長州力との出会いが天龍源一郎の反骨魂に火を付けた。

長州力維新軍誕生はマサ・斎藤参謀が大きく貢献

 

維新軍長州力の参謀マサ斉藤革命戦士長州力を支えた男

 

天龍源一郎と長州力の戦いで天龍源一郎は、多くのプロレスファンに認知、支持を得るようになる。

これと同時にジャンボ鶴田と天龍源一郎を時期エース候補

Wエースと呼ばれる時代が全日本プロレスにやってくる。

 

この頃天龍源一郎は、黒と黄色のシューズに変えて生涯の天龍カラーとなる



ジャンボ鶴田、天龍源一郎、鶴龍時代到来

ジャイアント馬場の実力に陰りが見えてきた。

 

全日本プロレスで世代交代が進む中

ジャンボ鶴田と天龍源一郎の合体が始まる

当時の全日本は、スタン・ハンセン・ブルーザー・ブロディのミラクルパワーコンビ

超獣のパワーを、誰も止める事が出来ないでいた。

 

満を持して全日本プロレスは、世界最強タッグリーグで鶴龍コンビ結成をした。

もはやジャンボ鶴田と天龍源一郎の合体しかスタン・ハンセンとブルーザー・ブロディを止めるのは不可能。

歴史上最も強いタッグチームは、超獣コンビ、ミラクルコンビと言われた。

 

スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディではなかろうか。

 

しかし、残念ながらジャンボ鶴田と天龍源一郎の鶴龍コンビは、決勝でミラクルパワーコンビに敗戦

 

日本人チーム1位となった。

これを見届けたジャイアント馬場は、第一線から退く決意をする。

 

シングルではUN王者も獲得した天龍

しかし世間はジャンボ鶴田より天龍源一郎は、格下と言う扱いは変わりなかった。

新日本プロレスを退団した長州力が全日本プロレスに乗り込む。

新日本で人気を誇った長州力が、ジャパンプロレスを旗揚げ

ライバル団体全日本に乗り込んできた。

 

 

アントニオ猪木から藤波辰巳(辰爾)路線に待ったをかけた、長州力は藤波辰巳に噛みつき

抗争を展開、革命戦士と呼ばれ維新軍を結成、その延長がジャパンプロレス旗上げであった。

 

藤波辰巳との抗争に一区切りつけた長州力

藤波辰巳との戦いにマンネリ気味の長州は新しい主戦場を選んだ節もある

 

長州力は日本人との対決では光るものがあるが、外国人相手では制裁を欠いていた

当時の、新日本はハルク・ホーガンがアントニオ猪木を下しIWGPヘビー級のベルトを獲得

 

パワーファイターの長州力は外国人相手では分が悪い

人気の長州力や革命軍団が抜けた新日本は衰退するかに見えた

新日本プロレス窮地に急遽呼び戻されたのが闘魂三銃士と呼ばれる

 

橋本真也、武藤敬司、蝶野正洋である。

 

 

この3人がその後新日本の柱になり人気を盛り返す事になる

武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋の闘魂三銃士とは?

 

IWGP2階級制覇高田延彦・2階級王座を目指すオスプレイ

 

 

 

移籍した長州力は水を得た魚のように、全日本で暴れまくる。

全日本プロレスは、日本人対決をあまりしない団体

 

しかし全日本プロレスらしからぬ斬新な日本人抗争の勃発に

ファンが食いつき、そこにジャイアント馬場も乗っかった。

 

全日本プロレスと新日本プロレスのレスラー戦ったら

誰が一番強いのか?

そんな妄想が現実となったわけである。

 

一気に全日本プロレスはムーブメントをおこす。

 

日本テレビの全日本プロレスの放送はゴールデン枠となり

全日本プロレス人気に火が付いた。

 

天龍源一郎はいち早く動いた。第三の男と呼ばれ今まで出さなかった感情をもろに出し

長州力に噛みついた

天龍源一郎も外人ではなく日本人と対戦する事でまた光る選手として

ファンも虜になった

長州力
画像出典元全日本プロレス

 

全日本離脱長州力が動いた新日本プロレスに復帰

 

長州は病気を理由に全日本プロレスを欠場

師匠のマサ斎藤は、長州力の新日本プロレス復帰を口走る。

 

情報では長州力の新日本復帰は時間の問題とされていた。

予想通り長州力は新日本復帰またもプロレス界が揺れる。

 

残されたメンバーは全日本プロレスに残留、ジャパンプロレスは

事実上解散となった。

 

長州力がいなくなった、全日本プロレスの天龍源一郎は精彩を欠いていた

ライバルが不在となった。

 

天龍源一郎が向けた矛先はジャンボ鶴田であった。

 

新たに、阿修羅原をパートナーに、龍原砲を結成し天龍革命を高らかに宣言

 

ぬるま湯の全日本プロレスに活性化を注入すべく天龍源一郎は立ち上がった。

 

そこに賛同した

冬木弘道・・・・・のちに冬木軍「邪道・外道と結成」

川田利明・・・・・のち全日本プロレス四天王

小川良成・・・・・のち三沢光晴パートナー プロレスリング・ノアでジュニアヘビーとしてGHCヘビー級王者となる。

 

天龍源一郎は、天龍革命に賛同した仲間と天龍同名で全日本プロレス正規軍と戦う

ジャンボ鶴田に抗争を仕掛ける事になる。

 

天龍源一郎はジャンボ鶴田との抗争で、ジャンボ鶴田に続き日本人で2人目の3冠統一王者となった。

 

年間ベストバウトも受賞

この時が天龍源一郎が全日本で一番光っていた時代である

 

天龍同盟は、地方でも手を抜かず試合をしてた事から全国的な人気になった天龍源一郎

龍原砲では元横綱輪島大士も、ボコボコにした。

 

一切手を抜かない、天龍源一郎は御大ジャイアント馬場もパワー・ボムでピンフォールにしている。

 

横綱輪島大士プロレスラー転身
画像出典元全日本プロレス YouTube

天龍源一郎のもたらした天龍革命は全日本プロレスを活性化させた

この一面ジャンボ鶴田の強さも際立ったのは間違いない。

天龍源一郎はジャンボ鶴田を超えたのか?

 

そう言われたら、やはりジャンボ鶴田が1枚上だったのかもしれない

その証拠に長州力や天龍源一郎が消えた全日本プロレスはの次に出てきた

 

スター選手は超世代軍三沢光晴である。

この三沢光晴もジャンボ鶴田を標的に全日本プロレス最強時代を作っていく

 

タイガー・マスクから超世代軍に三沢光晴の決断

 

プロレス界に激震・・天龍源一郎、全日本プロレス、SWS、WARを渡り歩き多くのレスラーと戦う

 

天龍革命は終焉を迎え新しい団体へ移籍、天龍源一郎はプロレス界に激震を与える。

 

天龍源一郎全日本プロレス退団メガネスーパー旗上SWS参戦

 

天龍源一郎は全日本プロレスを退社する事を決意していた。

メガネスーパーがプロレス界進出を決めて新団体SWSを旗揚げする事になり

天龍源一郎に白羽の矢が立った。

 

ジャイアント馬場と話し合い円満退社となっている

天龍源一郎が全日本プロレス社長のジャイアント馬場と会談。辞意を了承され全日本を退団

 

天龍源一郎は、当時UWFのスポンサーもしていたメガネスパーから高額な契約金でSWS移籍をしたとも噂されている。

 

天龍源一郎は1人でSWSに行く予定だったが

メガネスーパーは豊富な資金を使い。

 

多くの全日本プロレス選手を引き抜く事になる。

天龍源一郎が動いたことで全日本プロレスに激震が走る

 

これが天龍源一郎の本意ではなかったかもしれないが、結果は全日本プロレスを裏切る事になる。

ジャンボ鶴田とオリンピックコンビを結成していた谷津嘉章は、まだ全日本プロレスと契約途中に

 

SWSへ参戦大きな波紋を呼んだ。

多くのスタッフ、選手を引き抜かれた全日本プロレスに激震が走ったのは言うまでもない事実

 

新日本プロレスからは、ジョージ高野(コブラ)、高野俊二、ドン荒川、佐野直善(巧真)

も引き抜かれたが、全日本の比ではない。

 

このSWSと言う団体は、プロレス界に大きな波紋激震を呼んだが

犠牲になったのは、選手とスタッフであろう。

 

何故ならば、わずか2年余りで崩壊となった。

この騒動の中谷津は不本意な引退する事にになる。



天龍源一郎のSWS崩壊からWAR設立へ動く

 

天龍源一郎をエースとして旗揚げしたSWS

しかしそこは寄せ集めの選手

 

元全日本プロレス、元新日本プロレスの選手が一枚岩となる事はなかった。

天龍源一郎をメインに試合を組むSWSのフロントに反旗をひるがえすものが続出

 

とうとう分裂してしまう。

SWSプロレス激闘史―企業プロレスの先駆けSWS、2年2ケ月の闘いの軌跡 

 

SNSも内部崩壊で2年余りで解散

 

天龍源一郎率いるレボリューションは、プロレス団体WAR設立

 

反天龍源一郎の派閥は結果散り散りとなっていく

ジョージ高野は崩壊後

ジョージ・俊二の高野兄弟による「俺たち、メガネスーパーに騙された」との見出しで、SWSの騒動の顛末とメガネスーパー自体を痛烈に批判する手記が掲載された。この一件の影響により高野兄弟はNOWを早期に離脱し、谷津・仲野を発起人に加えた「PWC(プロ・レスリング・クルセーダーズ)」を旗揚げする。谷津と仲野はSPWFをSWS崩壊直後の1992年6月に発足し、1993年8月に旗揚げ試合を行った。NOWはエース候補だった高野兄弟に代わり維新力をエースに抜擢し、上田馬之助が参戦して維新力との抗争を繰り広げるなどして話題作りや地道な活動も続けたが、興行成績が振るわずに低迷し、結果的にWARよりも1年間早くメガネスーパーからの援助が打ち切られる形となった。



レボリューションからプロレス団体WAR設立

SWS崩壊後。レボリューションを率いた天龍源一郎は、WARを設立

天龍源一郎がWARを運営できた理由は、まだメガネスーパーからの、援助がしばらくあったからと言われている。

 

天龍源一郎は戦いの場を盟友がいる新日本プロレスを選択

長州力との再びの戦い、アントニオ猪木との遭遇があった。

WAR自体も、最初の滑り出しは順調に観客動員を記録した。

 

天龍源一郎は、FMWで大仁田厚と電流爆破マッチを行ったかと思えば

高田延彦との対決も実現させた。

UWFインターVSWER
画像出典元高田伸彦VS天龍源一郎

 

しかしWAR自体は、崩壊に向かう側近の冬木弘道は、邪道、外道と冬木軍を結成

冬木は独自の道を歩き出す。

天龍源一郎の元から多くのレスラーが去っていく事になり

 

後継者も育たず、WARは崩壊の道に進んでいく事になる。

1998年からフリーとなった天龍源一郎は、長州力のWJプロレス、新日本プロレス

古巣の全日本プロレス、プロレスリング・ノア、DRAGONGATE、ハッスルへと参戦

 

人気を誇ったハッスルも終焉を迎える

天龍プロジェクトを設立天龍源一郎は引退ロードを迎え

 

引退試合最終戦オカダ・カズチカとの対戦までこぎ着けた

天龍源一郎引退試合
画像出典元
天龍プロジェクト

ここまで、多くのトップ選手と対戦したのは天龍源一郎以外は見当たらない

ジャイアント馬場、アントニオ猪木からピンフォール

 

ジャンボ鶴田、三沢光晴、川田利明、武藤敬司、長州力、橋本真也、蝶野正洋、高田延彦

天龍源一郎が遭遇しなかった相手で思いつくのは格闘王前田日明くらいではなかろうか?

 

天龍源一郎が動いたプロレスの歴史は一言で激震と言えよう。

 

 

あわせて読みたい記事