内藤哲也
画像出典元ディリースポーツ

激闘から一夜明け内藤哲也

 

内藤のインタビューでのふてぶてしさも目立つが

ファンの事をよく考えた行動をしている

試合の後、やはりファンあってのプロレス

 

最高の空間を作って下さったお客様に感謝します。

今回もG1クライマックスは盛り上がりを見せ

選手と会場が一体感を持ち盛り上がりを見せた

ファンもいい試合を見せてくれたありがとうと言う気持ちになる

プロレスの良い試合を見た後はなんとも痛快な気分になります。

 

今回の優勝の特典は18年1月4日・東京ドーム大会メインイベントでのIWGPヘビー級王座挑戦権利書

その後・権利書争奪戦が行われる

 

Sponsored Link
 





G1クライマックス敗戦

内藤がG1クライマックスで敗れた選手は

バットラック・ファレ選手

石井 智宏選手

 

バットラック・ファレ選手は当然の実力者

石井選手は最近の試合で、内藤選手に2連勝している相性の良さ

内藤選手にとって石井選手は避けられない存在になっている

 

石井智弘
画像出典元新日本プロレス

 

 

 

石井 智宏無骨なプロレス

 

G1クライマックスも含め最近内藤選手にシングルで

連勝している、石井選手を権利書争奪戦の相手に指名した

内藤哲也

 

 

石井選手と言えば感情を前に出す、何があっても引かないプロレスで

見るものを、圧倒する

勝っても負けても、自分のスタイルを押し通す

魅力的なレスラーだ

 

内藤哲也(35)が29日、新日本プロレスの愛知県体育館大会で行われた「G1クライマックス」Aブロック公式戦で石井智宏(41)に敗れ、痛恨の2敗目を喫した。

 

 

 

石井 智宏

天龍が全日本から移籍したSWS崩壊後

WARに入門、WARが新日本プロレス参戦するようになると

新日本レスラー大谷晋二郎などのメンバーと練習

新日本とも縁が深いと共に天龍の弟子である

その後フリー転身で

長州率いるWJプロレス崩壊後の、リキプロにも参加している

この事を踏まえて

天龍源一郎と長州力に関わっている人物となるが

どちらも

天龍全日本退団、長州新日本退団後の

参加で団体運営に苦戦した時の参戦である

 

後に矢野通とのタッグ結成をきっかけに

2009年4月、中邑真輔、矢野が立ち上げた新ユニット「CHAOS」の一員となる

その後の活躍は、ご存知の通り

とにかく、前に行くレスリング

心の折れないファイトスタイルは魅力的だ

万が一、石井が内藤を倒し、来年のドーム大会でメインに出る事になれば

とてつもない事だ

垂直落下のブレンバスターが炸裂するか

 

内藤のデスティーノが炸裂なのか楽しみな戦いが続く

 

 

Sponsored Link


今月だけで、石井に2連敗を喫した。1日(日本時間2日)の米国・ロサンゼルス大会では初代IWGP・USヘビー級王座決定トーナメントで、初戦敗退という屈辱を味わわされた。プライドを傷つけられた内藤は「G1できっちりお返ししたい」と汚名返上を誓ったが、あっさり返り討ちにされてしまった。

あわせて読みたい記事