高橋ヒロムYouTube開設

新日本プロレスIWGPジュニアヘビー級王者高橋ヒロムが、YouTube開設

現役王者のYouTube開設

高橋ヒロムチャンネル、新型コロナウィルスの影響で無観客試合は、中止を繰り返す

プロレス団体、今だ再開の目途が立たない現状である

 

その中で、現役王者がなにを発信するのか?注目が集まる

内藤哲也との王者対決が、中止になった高橋ヒロム

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也の事

今後の高橋ヒロムの、やりたいことなどが発信されるのか?

 

高橋ヒロムは、IWGPジュニアヘビー級に拘り

ジュニアヘビー級として、IWGPヘビー級王座を目指す。

 

530日の怪我のため欠場していた高橋ヒロム

復帰ウィル・オスプレイを破り王者に返り咲いたばかりの今回の出来事である・

プロレスがやりたい、そんな気持ちの表れが今回のYouTube開設なのかもしれない

 

この期間を無駄にしたくないという思いが、ユーチューブ参戦の早期実現につながった。ヒロムは「ずっとやりたかったんです。リングで表現できない部分を表現できたらいいなと。他の人がどうこうじゃなくて、自分が楽しみたい。(現役の)ジュニア王者が先陣を切って始めることにも意味が出てくるんじゃないかなと思います」と意図を説明。プロレスとは関係のない動画も作成し、幅広い層に存在をアピールしたいという。 リング外にも発信の場を設けたいという構想は欠場期間中からあった。「こういう時期だからこそ早くやらなきゃって気持ちにはなりましたね。この期間、何もしないのはもったいないとも思いますし。動画編集の講習会を受けに行こうかなと」と目を輝かせる。

高橋ヒロム怪我から復活

オカダ・カズチカVS内藤哲也決戦間近

 



高橋ヒロムが一番伝えたかった事

手洗い、うがい、元気・・・元気

内藤哲也を誘う高橋ヒロム

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン全員集合から

内藤哲也にYouTube出演をせがむ高橋ヒロム

 

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン全員集合

獣神サンダー・ライガーラストバトル1.4レジェンドと対戦遺伝子は高橋ヒロムへ

完全に無視をする内藤哲也
内藤哲也にすり寄る高橋ヒロムの姿が微笑ましい。

リングで見せる姿とまた違った内藤哲也&高橋ヒロムである。

高橋ヒロムとEVILの動画配信

高橋ヒロムが、自身のYouTubeにEVILをリモートで招いた

普段ほとんど、EVILの声を聞くことがないがどうなった?

 

注目のYouTubeは、高橋ヒロムの一方通行となった。

あわせて読みたい記事