G1クライマックス覇者飯伏幸太の権利証の行方は?

G1クライマックス覇者飯伏幸太

手にした、レッスルキングダムでの、IWGPヘビー級挑戦の権利

しかし、まずはこの権利を防衛する必要がある。

 

柴田勝頼から引き連れられ新日本プロレスのマットに登場した

元WWEのKENTA

KENTA&柴田勝頼
画像出典元
NJPW
柴田勝頼&KENTA

 

純粋にKENTAのプロレスをやるために新日本プロレスに登場した

関連・・・・KENTAはなぜWWEで成功しなかった?

 

G1クライマックスに参戦の初戦飯伏幸太と対戦した。

KENTAがWWEで封印せざる得なかった

 

自身の必殺技go 2 sleepを解禁

飯伏幸太に勝利続く棚橋弘至にも勝利した。

 

連勝で、KENTAの優勝もとささやかれた後半戦

KENTAはまさかの失速をして優勝戦線から早くも離脱となった。

 

飯伏幸太は連敗でスタートするも2108年ファイナリストの意地を見せオカダ・カズチカとの直接

決戦まで持ち込み

オカダ・カズチカに初勝利

 

決勝では、ジェイ・ホワイトを下しG1クライマックス覇者となった。

 

一方KENTAは?

KENTAのG1クライマックス戦績

飯伏幸太 〇

棚橋弘至 〇

オカダ・カズチカ ✖

ウィル・オスプレイ ✖

EVIL ✖

SANADA ✖

バットラック・ファレ ✖

ザックセイバーjr ✖

ランス・アーチャー 〇

ここで重要なのは、飯伏幸太と棚橋弘至に連勝したKENTA

そして、G1クライマックス最終戦でタッグを組んだ石井智宏を裏切り

バレット・クラブ入りしKENTA



 

堂々と恩人柴田勝頼も裏切って見せた

KENTAがバレット・クラブ
画像出典元
NJPW

子の裏切りが石井智宏の、NEVER無差別級のチャンスをつかみ

王座戦にタマ・トンガを乱入させNEVER無差別級を石井智宏から奪って見せた

 

G1クライマックス覇者飯伏幸太に勝利しているKENTAは飯伏幸太に向かって

権利証の挑戦権を訴え飯伏幸太との決戦を勝ち取って見せた。

 

G1クライマックスの飯伏幸太の戦績を見たら、KENTAとEVILにしか敗戦しておらず

KENTAが挑戦する必然性はある。

 

EVILにもその権利があるはずだが、流れ的にKENTAが勝ち取ったのは

KENTAの戦略的なシチュエーションの作り方が上手かったと言う事

 

当然飯伏幸太との決戦ではバレット・クラブの介入は当然あるとみられ

飯伏幸太から権利証を強奪する可能性は否めない。

 

 




飯伏幸太はKENTAとバレット・クラブを相手に戦う

飯伏幸太防衛戦
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

 

ここ数年G1クライマックス覇者が権利証の防衛を果たし

レッスルキングダムでIWGPヘビー級王者に挑戦と言う図式が確立されている

 

ファンもG1クライマックス覇者がレッスルキングダムメインへ行くこの姿が見たい。

しかし、今回飯伏幸太は正当な戦いは望めない。

 

KENTAとバレット・クラブ全員を相手にしなければならない事になる。

G1クライマックスで対戦したKENTAの姿はなく・・・

「いつからああなってしまったのか…。昔のKENTAさんを知っている僕としては残念なんだけど、日本に戻ってきてからの一発目(の試合)で戦ったのは自分。その時に違うフィーリングは感じたし、そう考えると今の姿がここ数年経験してきた中での正解なんだろうなと」

バレット・クラブ介入を覚悟した飯伏幸太はバレット・クラブ全員を相手に

権利証防衛を果たす覚悟である。



あわせて読みたい記事