新日本プロレスIWGPジュニアヘビー級&インターコンチネンタル2冠

新日本プロレスの伝説となった2冠戦

意味があるのか2冠?

史上初の2冠王者が見たい

 

様々な意見が飛び交ったIWGPジュニアヘビー級&インターコンチネンタル王座

ここ数年、IWGPジュニアヘビー級王者として君臨していたオカダ・カズチカが内藤哲也を2冠王者として相応しいとコメント

 

これで救われた気がする。

IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ

インターコンチネンタル王者ジェイ・ホワイト

G1クライマックス29覇者飯伏幸太

 

そして内藤哲也は無冠で挑んだ、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠

内藤哲也はある意味低迷していた

しかし大復活を遂げた事になる。

オカダ・カズチカ

悔しい。負けました。(※ため息)僕がIWGP持ってて、飯伏さんが『G1』チャンピオン、ジェイはインターコンチ・チャンピオンで、内藤さんは何も背負うものはなかったのかなと思うんですけど、今日戦って、あんだけの歓声、案だけの期待を背負って戦ったら、そりゃあ強いわと思います。別に2連戦だどうだってのは言い訳にはできないし、向こうだって連戦でやってる中で、今の新日本プロレスでは、2冠にふさわしい男だと思います。

試合前から内藤哲也を後押しする声援は多かった。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也人気は健在

内藤哲也が2冠王者になる事で爆発する事になった。

 

しかしKENTAの乱入でこの爆発した空気は一変する

KENTA史上最悪の乱入事件

内藤哲也復活2冠王になるも、話題は襲撃KENTAにさらわれる





乱入したKENTAは内藤哲也の2冠に挑戦するのか?

嘗て全日本プロレスは3本のベルトを統一した

ジャンボ鶴田初代3冠ヘビー級王者

日本人抗争幕開け怪物誕生の序章ジャンボ鶴田世界王者から怪物へ


新日本プロレスは2冠を獲得したベルトをどのような防衛戦を行うのか注目が集まる

 

全日本プロレスは、3本のベルトを1つのタイトルマッチに変更

即ち統一である3統一

現在3本のベルトは1本になり全日本プロレス宮原健斗が王者として君臨している。

 

新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2つのベルトは統一ではなく

個々で防衛が行われるのか?

 

まだ明確ではない・・

オカダ・カズチカVS内藤哲也戦後勝利者内藤哲也を襲撃した

KENTA

 

翌日ジェイ・ホワイトと君内藤哲也&ジェイ・ホワイトと対戦

大声援の内藤哲也

大ブーイングを浴びるKENTA

KENTA傍若無人
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

 

これこそ、KENTAがまっていたもの

棚橋弘至がインタビューでヒールになりたいと思ったことはありますか?

と聞かれたときにヒールになる必要がなかったとコメント

 

しかしヒールで生き残る事が必要な時もある

KENTAはヒールの道を選んだ

 

KENTAのこの行動に、NEVER無差別級のベルトを失ったKENTAを揶揄しながらも

KENTAを評価?した

一昨日・昨日、オカダ、飯伏、ジェイ、内藤、この4人で争ったんだよ。『伝説を創る』って、モニターでも流れてたよ。それだけのことをやってきたんだよ。それが、昨日後藤に負けてNEVERを落とした…いや確かに、メインイベント後に入ってくる、それは素晴らしい行動だよ。勇気のいる行動だと思うよ

しかし2冠のタイトルマッチに関しては否定的な発言も

この行動で、2冠挑戦?

賛否が分かれる今後の展開はどうなるのか・・

 

どちらにしても、してやったりのKENTA



あわせて読みたい記事