新日本プロレス2冠闘争決着しかし・・

オカダ・カズチカの保持するIWGPヘビー級

内藤哲也の保持するインターコンチネンタルのW選手権

勝ったものが2冠王者となる

 

決着は、内藤哲也が激戦の末2冠王者となった

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也復活の瞬間であった。

飯伏幸太、ジェイ・ホワイトの難敵を倒しレッスルキングダム2日目のメインに上がった両雄

 

お互いリスペクトも・・

ファンもこのカードを一押ししていた。

レインメーカーを狙うが、回避した内藤がデスティーノで逆転。ところが、今度はオカダがフォールを返す。
すると内藤は、ボディスラムでオカダを投げ、ニュートラルコーナー最上段からスターダストプレスを炸裂させる。だが、またもやオカダがフォールをキックアウト。
次に内藤は(正調)デスティーノを仕掛け、抵抗したオカダをバレンティアで叩きつけ、2発目の(正調)デスティーノ。これでついにオカダを沈め、史上初のIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタル2冠王となった。

内藤哲也ディステーノ
画像出典元
NJPW

史上初の快挙を成し遂げた内藤哲也

引き上げるオカダ・カズチカにドームメイン勝てた最高だまたやろうとオカダ・カズチカも右手をあげ

リング外から答える。

残るはロスインゴベルナブレス・デ・ハポン大合唱でフィナーレのはずだった。

 

感動の名場面のブエナスノ~チェ~~ス、東京ドーーーーーム

デ・ハポン大合唱で終わり感動的なフィナーレ前

 

まさかのバレット・クラブKENTA乱入

柴田勝頼を裏切った・・KENTA傍若無人

衝撃の展開KENTAがバレット・クラブ入り柴田勝頼を裏切る


新日本プロレス最大のイベント

レッスルキングダムでKENTAがやってのけた

KENTA傍若無人
画像出典元
NJPW

 

 

動けなくなった内藤哲也感動のフィナーレをファンから奪ったKENTAはいきなり

注目の存在となった。




KENTAしてやったり?

大ビーイングの中引き上げるKENTA

内藤哲也はBUSHIから助けを借り退場するまさかの結末

新日本プロレス最大のイベント

 

誰しもがあこがれるドームメインのリング

こんな結末見た事がない

KENTA傍若無人
画像出典元
NJPW

しかし話題は一気にKENTAに傾いた。

プロレスリング・ノアからWWEそして新日本プロレスへ来たよそ者KENTAだから出来た乱入

バックステージでも2020年俺の年とキレルKENTAまさに傍若無人

 

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンは、内藤哲也、高橋ヒロム、EVIL、SANADA、鷹木信吾とベルトを総なめ。

IWGPヘビー級、インターコンチネンタル、IWGPジュニアヘビー級、NEVER無差別級6人タッグ

のベルトがロスインゴベルナブレス・デ・ジャポンで総どりとなった

 

KENTAのバレットクラブは、ジェイ・ホワイトの敗戦、KENTAのNEVER無差別級のベルトを失う

タンガ・ロア&タマ・トンガのIWGPタッグ敗戦と惨敗の結果

 

しかし、このKENTAの乱入で話題はKENTAに傾いた

このまま、IWGPヘビー級挑戦とはいかないだろうだ。

KENTAの傍若無人な乱入で新たな遺恨が生まれた事実だけ残る。



あわせて読みたい記事