ドームで敗戦した棚橋弘至と飯伏幸太

2019年棚橋弘至の失速は否めない

2019年レッスルキングダムメインのリングに棚橋弘至は立っていた

G1クライマックス28優勝の勢いのまま、ケニーオメガからIWGPヘビー級王座を奪った

しかしわずか防衛0回でジェイ・ホワイトへIWGPヘビー級を奪われ

 

レインメーカー・ショック再び・・・

レインメーカーショックは再び起きた。新時代宣言ジェイ・ホワイトIWGPヘビー級王座を強奪

若きジェイ・ホワイトの台頭を許してしまう

現在のジェイ・ホワイトの勢いは、棚橋弘至からIWGPヘビー級王座を奪った

この事が大きいであろう

 

その後の2019年棚橋弘至は大きなチャンスはあったが

浮上のきっかけを掴めず、2020年ドームの主役にはなれなかった

しかし、AEW王者クリス・ジェリコが棚橋弘至に挑戦状を叩きつけ

再び光が当たる。

 

エース棚橋弘至ここでクリス・ジェリコを撃破して浮上の切っ掛けを狙う。

しかしここでも、クリス・ジェリコに敗戦してしまう。

エース棚橋弘至登場AEWチャンピオンクリス・ジェリコと対戦

一方飯伏幸太は、1,4新日本プロレス最大のイベント
ドームのメインに立っていた。

2冠王座奪取を宣言

G1クライマックス29勢いのまま?
オカダ・カズチカとIWGPヘビー級選手権試合を行った。

しかし、前哨戦で飯伏幸太どうした?

そんな場面が多かったようにも思える

オカダ・カズチカが飯伏幸太を挑発そんな場面が多くみられた

 

飯伏幸太という存在は、爆発したら手がつけられないレスラーだが

ムラが多い選手そんな風に見えてしまう。

IWGPヘビー級戦もオカダ・カズチカが飯伏幸太のスイッチを入れて

激しいバトルの後、レインメーカーで、飯伏幸太に勝利

 

G1クライマックス29で敗戦したリベンジも果たした。

この時点で、飯伏幸太の2冠王者はなくなり

内藤哲也に敗戦した、ジェイ・ホワイトと意味のないスペシャルシングルマッチを行った

 

ジェイ・ホワイトは内藤哲也に敗戦したが、また新たな展開行動を起こすと宣言

オマエらのどちらかが血祭りに上げられることになるだろう。だがそれはオマエらのせいだ。飯伏かオカダ、アイツらのファンのせいだ。おまえらが応援するヤツらは、俺が全て血祭りに上げてやる!」

飯伏幸太のコメントはなかった。

ドーム2連敗という結果、飯伏幸太はそう動くのか?

 




棚橋弘至&飯伏幸太タッグ結成か?

ドームで敗戦した、棚橋弘至と飯伏幸太

しかしエース棚橋弘至は再び新たな展開をそう期待するファンは多い

棚橋弘至が築いてきた新日本プロレスは、諦めないそんな場面を多く見てきた

 

棚橋弘至ならまた何かアクションを起こす。

棚橋弘至&飯伏幸太
画像出典元
NJPW
東スポWEB

棚橋が「ドームで大きい負けがあって、今日から再スタート。飯伏とタッグもいいんじゃないかと思ったね」とタッグ王座挑戦を示唆すると、飯伏は「自分なりにいろいろ考えることがあった。別に一つだけじゃない。まだ分からない」と話すにとどめた。タッグ戦線に新たな動きが起きそうな気配だ。

新日本プロレスタッグ戦線は、外国人がIWGPヘビー級タッグのベルトを保持する事が多い

EVIL&SANADAも良いタッグチームだがやはり、2人ともIWGPヘビー級のベルトを狙っている事には違いない、これ以上同世代のオカダ・カズチカの独走を止めるのもこの2人の課題であろう。

 

棚橋弘至が本格的にチームを結成に踏み切れば手薄だった、タッグ戦線の盛り上がりの可能性も

棚橋弘至&飯伏幸太夢のタッグ実現の可能性はあるのか?

 

現在IWGPヘビー級&インターコンチネンタルは内藤哲也の腰にある

そこにKENTAが揶揄して意味不明な展開が起こっている。

棚橋弘至の打つ手はなにか?エース棚橋弘至の動きに注目。


あわせて読みたい記事