ヒデオ・イタミWWEを退団

ヒデオ・イタミがKENTAに戻りTwitterでthank youと意味深なツイート

ロイヤルランブルでクルーザー級の王座へ挑戦敗戦したヒデオ・イタミ事KENTA

WWE退団濃厚との事

ヒデオ・イタミは全日本プロレスからプロレスリング・ノアで三沢光晴亡き後

丸藤正道とプロレスリング・ノアを支えた。

プロレスリング・ノアでは絶大ない人気を誇っていたが

2014年WWEのNXTへ移籍した。

 

活躍が期待されたヒデオ・イタミだが、けがなど多くNXTで頂点を極めることなく

クルーザー級の205へ移籍クルーザー級のチャンピオンを狙ったが

敗戦となった。

Twitterでヒデオ・イタミからKENTAに戻したことを受け

元の名前に戻りWWE退団が濃厚となった。

 




KENTAの復帰場所は?

気になるところはKENTAの次のステージだが

新たな体制で船出をしたプロレスリング・ノアか?

ノアは29日、2月1日から新体制に移行すると正式に発表した。 今後はノア・グローバルエンタテインメント社の株式の75%を取得したリデットエンターテインメント社が団体の新オーナーになる。ノアの不破洋介社長はそのまま社長に残り、内田雅之会長は今月31日付で退任する。

ノアに復帰となると昨年行われた永遠のライバル対決丸藤正道VS KENTAがまた見れる可能性が増すことになる。

黄金カードの復活か?

ノアの天才・丸藤正道(38)が1日、デビュー20周年記念大会「飛翔」(東京・両国国技館)で、元KENTAのヒデオ・イタミ(37)と激突した。

丸藤正道VSヒデオ・イタミ
画像出典元 日刊スポーツ

プロレスリング・ノアでは新世代清宮海斗がGHCヘビー級チャンピオンとなり

新時代を打ち出している、清宮海斗は丸藤正道を倒す事がノアの新時代の幕開けと銘打ち丸藤正道越えを掲げる

KENTAがノアに復帰となればまた厄介な先輩の復活となる?

2019年は全日本プロレス秋山準からノアとの対抗戦実現の可能性も

KENTAがノア復帰となれば対抗戦にも弾みが付く

丸藤正道VSヒデオ・イタミ5年振りの決戦

新日本プロレス移籍

ケニー・オメガの退団

KUSHIDA退団

飯塚高志引退

など中邑真輔がWWEへ移籍して以来大量な選手の離脱となった新日本プロレス

若手や中堅などの浮上のチャンスとは言え

 

棚橋弘至やオカダ・カズチカ、内藤哲也で支える母体となる新日本プロレス

KENTAが新日本プロレス参加となれば新たな戦いが幕を開ける。

クルーザー級で戦ったKENTAだがクルーザー級は95kgまでとなるが

 

ケニー・オメガも100kg満たない体形でヘビー級王者として君臨した実績をみれば

明らかに時代は変わった。

KENTAの新日本プロレス移籍は新日本プロレスを未知の戦いに。

喉から手が出るくらい欲しい戦力となる。

全日本プロレス移籍?

大型選手の多い全日本プロレス3冠ヘビー級王者宮原健斗はとの戦いは注目となる

全日本プロレスに入団デビュー間もなく三沢光晴が率いたプロレスリング・ノアへ参加となったKENTA

3冠ヘビー級と言えばジャンボ鶴田やスタン・ハンセン、天龍源一郎の戦いを見ていたはずである。

三沢光晴や川田利明など激しい戦いを感じ歴史ある3冠ヘビー級

KENTAの全日本プロレス参加があるならこの3冠ヘビー級を腰にまくモチベーションなのかも?

新団体「オール・エリート・レスリング(AEW)

ケニー・オメガの参加も噂されるAEW

豊富な資金力で世界最大級エンターテインメントプロレスWWEに挑むAEW

新日本プロレスを退団参加したCodyやヤングバックス

クリス・ジェリコもAEWへ新たな選択をした。

 

このタイミングでKENTAが退団となればAEWへという流れも大きく考えられる。

中邑真輔やアスカなどの活躍で身近なものになった海外のプロレス

ヒデオ・イタミ事KENTAがピークを迎えるレスラー人生で新たな道の選択に注目が集まる。

WWEは通常退団後90日は他のリングに上がれない事から

しばらくKENTAの戦いは見納めとなる。

ヒデオ・イタミWWE退団決定

ヒデオ・イタミWWE退団
画像出典元
日刊スポーツ

ヒデオ・イタミ事KENTAのWWE退団が正式に決定した。

4年半のWWEのレスラーに終止符

4月から日本マットに上がる可能性が濃厚

2018年丸藤正道との「デビュー20周年記念大会」で日本のマットに立った

ヒデオ・イタミは日本での大歓声の余韻に浸った。

 

試合後年に数回は日本で戦いたいとコメントした。

そのヒデオ・イタミが日本のリングに帰ってくる。

 

予想では新日本プロレスのリングに登場が濃厚か?

この発表をリツイートする形で、自らのツイッターを更新したイタミは「再びありがとう。まもなくKENTAとして会いましょう」とつづった。

WWE日本人選手と別れを告げるヒデオ・イタミW事KENTA

WWEで活躍する日本人レスラー中邑真輔や紫雷イオとカイリ・セインなどと別れを惜しんだKENTA事ヒデオ・イタミ

WWEヒデオ・イタミ退団
画像出典元
ヒデオ・イタミ 
Instagram

カイリ・セインがカブキ・ウォリアーズ結成カブキ・ウォリアーズとは?

 

米プロレス団体GCW

WWE退団KENTAアメリカのプロレス団体登場
画像出典元
KENTAInstagram

WWEを退団90日間他のリングに上がれないKENTAだがその90日が過ぎようとしている

KENTAは、米プロレス団体GCWに来場と情報が入った。

同団体のトーナメント・オブ・サバイバル4大会に参加か?

GCWはアメリカのインディ団体となる訳だが

 

引くて余るKENTAの試運転か?

米プロレス団体GCW(ゲーム・チェンジャー・レスリング)の大会に来場することが15日(日本時間16日)、発表された。6月1日、米ニュージャージー州アトランティックシティーで開催される同団体のトーナメント・オブ・サバイバル4大会に姿を見せるという。

新日本プロレス棚橋弘至復帰戦は引退覚悟のハイ・フライフロー?

新日本プロレスで流れた謎の映像

この映像をKENTAの新日本プロレス登場と言うのは強引だが

新日本プロレス棚橋弘至復帰戦は引退覚悟のハイ・フライフロー?
新日本プロレスで謎の映像が流れた。

 

試合後、ジュースがリング上でベルトを掲げて勝ち誇ると、突然場内が暗転。そして場内ビジョンに何やら映像が流れ始める。
とあるバーカウンターが映り、革ジャンを着た男がナイフでカウンターに傷をつけている。そのバーのテレビにはジュースの試合映像が流れていて、次の瞬間、画面には「TIME’S UP おまえは終わりだ」という文字が。
そして男が席を立つと、砂時計の映像と共に「2019年6月5日」という文字が映し出される。
謎の映像が終わると、リング上のジュースは訝しげな表情を浮かべてから、花道をあとにした。

元WWEスーパースターのディーン・アンブローズ改めジョン・モクスリの登場の予告と判明

この時点で新日本プロレスにKENTAの登場は不明

答えは新日本プロレスVSケニー・オメガの移籍先AEW対抗戦の布石?



KENTAの移籍先は新日本プロレスに決まった。

新日本プロレス大阪ドミニオンにWWEを退団したヒデオ・イタミ事KENTAが登場した

ヒデオ・イタミ事KENTA
画像出典元
NJPW

新日本プロレス柴田勝頼ロス道場コーチと共に登場したKENTAの新日本プロレス登場が決まった

KENTAは、G1クライマックス出場を宣言した。

古巣プロレスリング・ノアではなく新日本プロレスを選んだKENTA

柴田勝頼に先導されるかたちで、元WWEのイタミ・ヒデオことKENTAが登場。「オレは自分の本能に従って、ここに来ました。『G1』でお会いしましょう!」と高らかに宣言した。

オカダ・カズチカの反応は?

レインメーカーは2000年大会の佐々木健介以来となる2冠を目指す。大阪城決戦が消化不良となったことも踏まえて、あらゆる意味で王者の真価を問われる夏になりそうだ。次なる戦いは、王者として迎える「G1クライマックス」(7月6日、米国・テキサス州で開幕)に照準を合わせている。「昨日のせいで『オカダ、たいしたことないじゃん』と思われるかもしれないので。オカダ、すごいなっていうのをG1で見せていきたい」と気持ちを切り替えることも忘れなかった。

ヒデオ・イタミ事KENTAが新日本プロレスを選んだ理由?

KENTAは新日本プロレスのリングに登場

その後の会見で柴田勝頼と同席新日本プロレスを選んだ理由をこう語った。

KENTA&柴田勝頼
画像出典元
NJPW
ヒデオ・イタミ事KENTAが新日本プロレス参戦理由‥語った

KENTA「もうまさに、いま言ってる通りで、まあ自分のプロレスがしたい、そういう気持ちもあって、WWEを辞めて。まあアメリカに対しても、自分のなかでまだやり残したことがあって、もう1回自分のプロレスをやって、もう1回世界に対しても、自分というものをアピールしていきたい。そういう中で柴田さんの存在があって、こういうことが起きて。もうホントに、あとはいま言った通り、まああとは俺がやるだけですね」

もう一度世界へアピール出来る団体と言う事

ジャイアント馬場やアントニオ猪木の頃から個人で世界のベルトに挑戦

個人的に世界で通用するレスラーと言うのは存在した。

ジャイアント馬場、アントニオ猪木、藤波辰爾、ジャンボ鶴田など

 

しかし今の日本の団体で世界発信をしている新日本プロレス

団体丸ごと世界で通用する新日本プロレス

 

KENTAは新日本プロレス、ニュージャパンと言えば世界中の団体でも最高峰の一つと言う

世界で戦ってきたKENTAが言う言葉には説得力がある。

 

ヒデオ・イタミはKENTAに戻り日本で世界に発信する。

まさに理想の団体と言う事になった。
KENTA登場

WWEで使えなかったgo 2 sleep解禁

WWEでKENTAは思うような結果は出せていない

結果を残せないまま退団となった。

 

その大きな理由は怪我?

怪我は相当な影響があったはずだが

 

本当の原因は、三沢光晴達を苦しめた

KENTAの必殺技go 2 sleepが使えなかった。

 

WWEでは退団したCMパンクが、go 2 sleepに類似した技を使っていて

KENTAオリジナルの技でも仕様禁止

 

早い者勝ちとなる訳だ、すったもんだでWWEを退団したCMパンクの技をKENTAが使うと

それはブーイングの嵐となる。

 

KENTAは新日本プロレスのG1クライマックスに参戦go 2 sleepの解禁を宣言した。

必殺技の「ゴー2スリープ」がWWEではCMパンクの存在もあり使えなかった。解禁は KENTA しますよ! 誰が何と言おうが。誰がなんだとか、そういうので、できなくなるのはもういい。 ――G1の出場メンバーが16日の東京・後楽園ホール大会で発表されるが、気になる選手は

 

 




KENTAの新日本プロレスG1クライマックス対戦相手が決まった。

KENTAのG1クライマックスはAブロック

棚橋弘至、飯伏幸太、オカダ・カズチカのブロックに決まった

 

オカダ・カズチカや棚橋弘至

飯伏幸太とどのような対戦になるか注目

 

KENTAのプロレスが爆発するのか?

 

あわせて読みたい記事