KENTAエース棚橋弘至撃破

G1クライマックス29に参戦中のKENTA。エース棚橋弘至を撃破した。

前哨戦から激しい攻防を見せた棚橋弘至とKENTA。
初戦オカダ・カズチカに敗れた棚橋弘至、もう負けれない戦い。

新日本プロレスファンから査定が続くKENTA、棚橋弘至を倒し新日本プロレスに認められたい。
試合は一進一退。
最後はKENTAのgo 2 sleep。棚橋弘至を撃破。

G1クライマックス29
画像出典元
NJPW
G1クライマックス29KENTAのgo 2 sleep

Aブはロック公式戦では棚橋弘至(0勝1敗)とKENTA(1勝0敗)の注目の初対決が実現。KENTAがエグい蹴撃を繰り出すと、棚橋も感情をあらわにして反撃。得意のヒザ攻めでKENTAを追い詰める。だが、KENTAは底力を発揮し、鋭いgo 2 sleepで激勝。試合後、KENTAはマイクで「俺は『G1』を優勝するために来た。せっかくだから覚えて帰ってください、KENTAでした」と締めくくった。

後がなくなった棚橋弘至

棚橋弘至連敗でもう後がなくなった。
昨年の覇者棚橋弘至が、まさかの連敗となった。

G1クライマックス28では初戦から勝ち星を重ねた棚橋弘至。
ジェイ・ホワイト以外の対戦相手には、負けず決勝へ進んだ棚橋弘至。

昨年のオカダ・カズチカも2連敗。決勝へは進めなかった経緯を見れば、棚橋弘至はもう負けれない状況となった。

エースはどうする?
前哨戦では、KENTAをG1クライマックスに、迷い込んだ迷子とコメント。
試合後は弱気に迷子は・・・俺だったと棚橋弘至。

KENTAは連勝で優勝宣言の雄叫び

KENTAはプロレスリング・ノアでの実績はある。
新日本プロレスで通用するか?試合が続く。

初戦の飯伏幸太、2戦目の棚橋弘至と、新日本プロレストップに連勝。
封印していたgo 2 sleepを使えるKENTAは生き生きとしている。
※関連 KENTAはなぜ?WWEでgo 2 sleepを使わなかった?

棚橋弘至に勝利したKENTAは、優勝するためにここへ来たと。マイクパフォーマンス
いきなり優勝戦線に浮上してきたKENTA。
この勢いのままオカダ・カズチカ戦へと、突入する事が出来るのか?

G1クライマックスは、まだ先が長い。ザックセイバーjrやSANADA、EVIL、ウィル・オスプレイ、バットラック・ファレ、ランス・アーチャー戦へとKENTAの戦いは続く。

あわせて読みたい記事