オカダ・カズチカ全勝をキープ

G1クライマックス29オカダ・カズチカVKENTAの全勝対決
IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカは4連勝と好調。

WWEを退団したKENTAも棚橋弘至や飯伏幸太を撃破して連勝
新日本プロレスの王者オカダ・カズチカはこのKENTAの勢いを止めなければならない
オカダ・カズチカが敗戦すると新日本プロレスより海外のプロレスの方が上となる。

そんなイメージとの戦いでもある。
KENTAも新日本プロレス参戦でWWEで封印してきた
GAME OVER go 2 sleep を惜しげもなくオカダ・カズチカに仕掛ける。

水を得た魚の様にG1クライマックス29で勝ち上がってきたKENTA
新日本プロレスIWGPヘビー級王者の壁は厚かった。
レインメーカーでKENTAを全勝から引きずり下ろし新日本プロレスの強さを証明して見せた。

オカダ・カズチカ
画像出典元
NJPW
オカダ・カズチカレインメーカー

メインとなる第9試合のAブロック公式戦では、開幕4連勝のオカダとKENTAが首位決戦。
KENTAが得意の打撃でペースを握ると、GAME OVERでIWGPヘビー級王者を追い込んでいく。
だが、オカダもgo 2 sleepを旋回式ツームストーン・パイルドライバーで切り返すと、最後はレインメーカーで死闘を制し、5勝目を手にしたオカダが単独首位に躍り出た。

試合後、両者は握手をかわしKENTAがリングをあとに

KENTAは純粋に新日本プロレスを楽しんでいる。
KENTA夢の対戦はまだ続く。

オカダ・カズチカIWGPヘビー級王者でG1クライマックス29制覇なるか?

オカダ・カズチカの勢いは止まらない新日本プロレス春の祭典NEW JAPAN CUP
IWGPヘビー級王者。
G1クライマックス29を制覇となればオカダ・カズチカ新日本プロレス完全制覇となる。

IWGPヘビー級王者のままG1クライマックス制覇となれば
武藤敬司、佐々木健介以来
全勝優勝となれば、平成18年天山広吉以来となる快挙達成である。

おまけに令和初のG1クライマックス王者ともなる。
注目はオカダ・カズチカ全勝優勝なるか?

残す対戦相手は、飯伏幸太、EVIL、SANADA、ランス・アーチャー
まだまだ予断は許さない相手である。

飯伏幸太もオカダ・カズチカの牙城を崩す瞬間のイメージをしている。
EVILは、G1クライマックでオカダ・カズチカに勝利した経験もある。

ライバルSANADAもオカダ・カズチカに負けっぱなしではいられない。
後半波乱がおきる可能はまだまだある。毎年最後の最後でどんでん返しのG1クライマック 。

ランス・アーチャー、SANADAと対戦が続くオカダ・カズチカ
新日本プロレスG1クライマックス29 出場選手・結果は?

あわせて読みたい記事