飯伏幸太引退発言

IWGPヘビー級選手権3WAYマッチを行った。

ケニー・オメガVS飯伏幸太VSCodyのタイトルマッチ

飯伏幸太
画像出典元 スポーツ報知
ケニー・オメガVS飯伏幸太

異例の3WAYマッチで行われたIWGPジュニアヘビー級選手権は

ケニー・オメガが盟友、飯伏幸太に天使の片翼を決めピンフォール勝ちを収めた。

試合後、飯伏がTwitterでつぶやいた、引退を含ませたコメントに衝撃が走った。

 

 

飯伏幸太の言わんとする事は?

7日の前日会見で「自分のプロレスのキャリアを賭けたいと思います」と宣言していた飯伏。オメガに敗れたことを受け、8日夜、「今日はプロレスのキャリアを賭けました。それは自分だけ賭けるベルトがないし、リスクもないから。でも結局勝てなかった。いや直接負けた。約束は守らなければいけない。プロレスのキャリアを賭けるということは勝てなかったら終わり…。だから…。辞めないといけないということになります」とつぶやき、ファンは驚がく。

 「飯伏さん、プロレスを広めたいと仰ってくださってましたよね? まだ、夢なかばです。辞めないでください」「辞めるのは絶対におかしいです。絶対に後悔すると思います」などの悲痛なコメントが殺到していた。

 飯伏を下したオメガも9日、即座に反応。自身のツイッターで「もう二度と飯伏を失いはしない」とコメントしていた。

 これらの反応に飯伏は同日、「あぁ、なんか勘違いさせたかもしれません。色々な経験もたくさんしたし、悔しい思いなんかあり得ないくらいしましたよ。でも、すべては信用で成り立っているのです」とコメント。オメガの書き込みに対しても「ケニー!ワタシの日本語はあまり伝わらなかった。訳して下さい。よろしく~」と返答。事実上の“引退”撤回発言と見られる。

Sponsored Link




事実上の引退撤回だったが、飯伏幸太がそれだけ今回のIWGPジュニアヘビー級選手権にかけていた?

しかし棚橋弘至は今回の3WAYマッチに疑問を投げかけた、同門同士で行う3WAYマッチになんの意味をなすのか?

IWGPジュニアヘビー級選手権を軽視しているとまで言った。

棚橋弘至はケニー・オメガから離れる事も、飯伏幸太に進めた。

棚橋弘至は飯伏幸太の事をこう思っている。

 

飯伏幸太がいれば、この先ずっとプロレス界は安泰とまで言わせたレスラーである。

棚橋弘至が認めたレスラーは飯伏幸太である。

ケニー選手に対し「俺は怒ってるよ」という発言もありましたが、それはベルトの在り方だけでなく、新日本プロレスのリングが荒らされていることに関してもですか?

棚橋 まずはベルトのことですかね。いまベルトの権威、IWGPの権威っていうのをファンの人も意識しなくなってるんじゃないかなと。それは選手が「どうしてもベルトを巻きたいんだ」って気持ちが見えにくいから。そういうところを感じますね。あとはBULLET CLUBっていうものがあって、だけど飯伏を引き入れて、いつの間にか本人はそういうつもりはないかもしれないですけど、ヒールというポジションからベビーフェイスという応援される側にフェイスターンして。で、本人はそういうつもりはないと思うんですけど、俺は飯伏をうまく使ってるようにしか見えない。飯伏を自由にしてあげた方がいいんじゃないかなと。もちろん、プロレスラーはファンの方に応援してもらって、ファンから「スゲーな」ってリスペクトを勝ち取ることも重要なんですけど、同じプロレスラーだったら、「アイツと闘いたい」「スゲー選手だ」ってリスペクトを勝ち取ることもこの仕事では同じぐらい重要なことだとボクは思ってます。

Sponsored Link




IWGPヘビー級選手権

今回のケニー・オメガが提案した3WAYマッチによるIWGPジュニアヘビー級選手権

ファンの目からはどう映ったのだろうか?

IWGPジュニアヘビー級のベルトは、アントニオ猪木が乱立するベルトの中で

真の世界一を決めるベルトという名目で出来たベルトである。

いつ、何時でも、誰の挑戦でも受けるこれがアントニオ猪木のストロングスタイルである。

 

IWGPヘビー級ベルトは数多くのレスラーがドラマを作ってきた。

破壊王橋本真也が、積み重ねてきたIWGPヘビー級

IWGPヘビー級王者として、小川直也との激闘はガチの喧嘩マッチであった。

 

天才武藤敬司がUWFインターナショナルの高田延彦と戦い、新日本プロレスの復権を取り戻した戦い

伝説の戦い天才武藤敬司VSUWFインターナショナル高田延彦

 

nWoジャパン黒の総裁、蝶野正洋のIWGPヘビー級王者獲得

第三世代と言われた、天山広吉、永田裕志、小島聡、中西学

永田裕志は、IWGPヘビー級連続防衛記録

小島聡は、全日本プロレス3冠王者、IWGPヘビー級王者2冠

 

そして、中邑真輔、棚橋弘至、オカダ・カズチカと歴史が変わっていく。

しかし、今回の3WAYマッチはIWGPヘビー級選手権より

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの新パレハ

棚橋弘至のIWGPヘビー級挑戦の権利書防衛に話題を攫われる事となった。

飯伏幸太は中邑真輔が認めた男

今までいなかった、ちょっと特別な存在」と言わせた。

棚橋弘至がプロレス界は安泰とまで言わせた

レスラーである。

ゴールデンラヴァーズはとても魅力的なちーむであり、可能性は計り知れない。

しかし飯伏幸太が3WAYマッチではなく、棚橋弘至と中邑真輔に続く新日本プロレスの新の王者になるためには、ゴールデンラヴァーズではなく、飯伏幸太自身の戦いが必要なのかもしれない。

Sponsored Link



 

 

あわせて読みたい記事