WWEで認知された紫雷イオ

WWEメイヤングクラッシックトーナメンに参加中の紫雷イオ

里村芽衣子、松本浩代も1回戦を勝ち上がり、日本人女子プロレスのレベルの高さを見せつけた。

 

WWEに参加し、男子プロレスを超えて見せるといった紫雷イオ

そのファイトスタイルも規格外

一回戦の相手、ザイア・ブルックサイドを鮮やかなムーンサルトでピンフォール勝ち

 

天空の逸女紫雷イオは、鮮やかに決めて見せた。

紫雷イオムーンサルトで快勝
画像出典元 WWE

Sponsored Link
 




2回戦の相手覆面ルチャドーラ・セウシスを撃破。

「世界に自分の名前を知らせるチャンスですね」と試合前のインタビューに笑顔で答えていたイオはその言葉通り、開始から一気に仕掛けた。会場は「レッツゴー・イオ!」の大コール一色。もはやホームリングそのものだ。大声援を背にしたイオはいきなりドロップキックでセウシスを場外に吹き飛ばして先制する。 しかし全身バネのようなセウシスも、エプロンでの低空ドロップキックで反撃。この一発で左腕を痛めたイオはセウシスの反撃を許してしまう。それでもダブルニー連打からのトペ・スイシーダでペースを奪い返す。さらにはコーナートップからトップスピードでハリケーン・ラナがズバリ決まった。最後は必殺のムーンサルトでカウント3を奪取。イオが圧巻の内容で準々決勝に進出した。

WWEでも巻き起こるレッツゴー・イオコール

スターダムを退団し、WWEへ移籍した紫雷イオのスーパースターの道

メイヤングクラッシックトーナメンの決勝は、WWE女子初のPPVエボリューション

メイヤングクラッシックトーナメン決勝へ進んだ紫雷イオ

 

決勝は、エボリューション大会となる。

2018年メイヤングクラッシックトーナメン結果紫雷イオは?

「メイ・ヤング・クラシック2018」はWWEネットワークで配信中

Sponsored Link


紫雷イオTwitter

あわせて読みたい記事