Sareee (サリー) WWE渡米延期で再び日本で戦う

WWE入りは決まっていた、女子プロレスラーSareee(サリー)

新型コロナウィルス感染拡大で、渡航禁止

日本から、アメリカに行くのを足止めされていた。

 

2月を最後に試合が出来ていない、Sareee

日本の団体も、興行を再開したのを受けて異例の日本での活動再開を直訴

 

ディアナ退団後試合が出来ずSareee

ディアナを退団したSareee

WWEで活躍する、女帝アスカ、カイリ・セイン、紫雷イオ

中邑真輔、KUSHIDAの戦うリングへ向かう予定だった




しかし、世界中でパンデミックが発生

日本からアメリカへの渡航が出来なくなった

 

WWEでは、無観客試合が行われ興行が止まった事はなく、日本でも興行が再開した

このまま、渡航禁止でWWEに参加できないSareeeは、WWEに異例の日本で試合を行うことを直訴したと言う

 

その結果、渡米までの期間、日本で戦うことを許可されたSareee

これを受けて、Sareeeは所属をWWE Count Downと表記して

 

日本の団体に参加する

戦いの場に制限は設けず「どんな団体でも戦いがあるならば上がらせていただきます。強い相手、ファイティングスピリットを持ってる相手となら誰とでも向き合いたい。プロレスがまたできることをかみ締めて一戦一戦全力でリングに立ちます」とこれを機にオファーを待つという。

現在WWEでは、カイリ・セインがアメリカを離れた

Sareeeの参戦は日本のファンも期待している

 

おそらく、パフォーマンスセンターで訓練の後は、NXT女子への参戦が濃厚なSareee

現在NXT女子王者の紫雷イオ

 

紫雷イオがNXT女子王者の時に参戦出来るか微妙になってきた。

カイリ・セイン謎のツイート砂時計WWE退団の表現か?

WWEカイリ・セイン、ラストマッチは衝撃のSD女子王者ベイリーからピンフォール勝ち


WWEに別れを告げたカイリ・セイン



あわせて読みたい記事