RWA女子王者サーシャ・バンクスVSシエイナ・ベイズラー

2冠王者になったベイリーとサーシャ・バンクスのお祭り騒ぎは終わらず、映像を流しはめをはずす騒ぎに。

その映像の最後に、女帝アスカが登場、サーシャ・バンクスに必ずベルトは取り返すと吠えまくる

 

強制的にお祭りを終わらせられたベイリーとサーシャ・バンクスの王者コンビ、しかしこの2人を不快に思ってる
のは女帝アスカだけではなかった。

 

登場したのは、米国を去った、カイリ・セインとNXT女子王者、暗黒の逸女紫雷イオとも因縁の深い
元UFCで元NXT女子王のシエイナ・ベイズラー

 

シエイナ・ベイズラーは、女帝アスカから不可解な形でベルトを奪ったサーシャ・バンクスに右ストレートを
放ったから、事態は収まらない。

 

急遽サーシャ・バンクスとシエイナ・ベイズラーの試合がが始まる、毎回のドタバタである。

サーシャ・バンクスとシエイナー・ベイズラーの試合はかみ合うことなく

シエイナ・ベイズラーがサーシャ・バンクスを攻める展開

 

相変わらずのベイリーの介入も見飽きた感じもするが、サーシャ・バンクスをアシストする動きを再三見せる

シエイナ・ベイズラーが、サーシャ・バンクスにわざを決めた所に、女帝アスカが登場

リング下のベイリーに、キックを見舞う、カイリ・セインの敵討ちとばかりにベイリーを痛めつける

女帝アスカ

 

試合は無効試合となり、ベイリーとサーシャ・バンクスはベルトを持って逃げだす

リングに残った、女帝アスカとシエイナ・ベイズラー

女帝アスカは、カイリ・セインはいなくなった・・・

 

しかしベイリーとサーシャ・バンクスはここにいると、盟友が去った今も、ベイリーとサーシャ・バンクスの戦いを直訴

サマースラムでの、ベルト奪還を宣言

ここでシエイナ・ベイズラーが女帝アスカを後押しした。

「あんたがロウ女子王座を取り戻すことを信じてるよ。そしてそのベルトをあんたから引っぺがすのは、このあたしだ」とめずらしく笑みを浮かべてアスカの王座奪還を後押ししつつ、次期挑戦者に名乗り出た。

 

シエイナー・ベイズラーがアスカに
画像出典元
(©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

 

目的の為の共闘ともとれるシエイナ・ベイズラーのマイクパフォーマンス

カイリ・セインは去ったが、シエイナ・ベイズラーと言う強者が同じ目的の為に動く

 

ベイリーとサーシャ・バンクスを引きずり下ろす為に女帝アスカの、サマースラムでの王座奪還を願った。




サーシャ・バンクス、ベイリーに女帝アスカを丸投げした。

シエイナ・ベイズラーの女帝アスカのベルト奪還と自らの女帝アスカへの挑戦をアピールした

ここで終演と思いきや・・

 

再びサーシャ・バンクスが水を差す展開

ベイリーとサーシャ・バンクス
画像出典元
(©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

サーシャ・バンクスは、女帝アスカのサマースラムでの挑戦に難くせを付けた

私と戦いたければ、ここにいるベイリーと戦った後と、女帝アスカをベイリーに丸投げした。

 

大喜びの女帝アスカ困惑するベイリーが印象的

しかしこの発言により、女帝アスカとベイリーの試合が決定

 

怒りに狂う女帝アスカの反撃がベイリーを襲うのは間違いないが

ここでシエイナ・ベイズラーが動けば、女帝アスカとシエイナ・ベイズラーの一時共闘が決まる

 

波乱のWWE女子、カイリ・セインが去っても波乱は止まらない

しかし常に女帝アスカが、その主役にいるそれだけWWE女子で重要な存在となった女帝アスカでもある。

 

一方紫雷イオの動きは?

 

WWE・NXT女子王者、暗黒の逸女紫雷イオ、ダコタ・カイを一蹴で貫禄の勝利

WWE・NXT女子王者、暗黒の逸女紫雷イオ、ダコタ・カイを一蹴で貫禄の勝利

もはや紫雷イオのムーンサルトは、ラウンディング・ボディプレス相手を圧殺



あわせて読みたい記事