オカダ・カズチカ防衛戦相手はクリス・ジェリコ

オカダ・カズチカのDOMINIONでの対戦相手が、クリス・ジェリコに決まった。
クリス・ジェリコは、新日本プロレスで散々暴れまわる。

ビッグマッチにだけ登場。インターコンチネンタル王座を奪い消えていった。
内藤哲也がインターコンチネンタル王座を奪い返し終止符。

ケニー・オメガの新団体AEWへ参加したクリス・ジェリコはAEWの所属となる。
オカダ・カズチカVSクリス・ジェリコは新日本プロレスとあAEWの戦いでもある。

DOMINIONで、WWE、WCWの元世界ヘビー級王者 クリス・ジェリコとIWGPヘビー級選手権。

新日本プロレスドミニオン決戦
画像出典元
NJPW
ドミニオン決戦

クリス・ジェリコがオカダ・カズチカに挑戦

クリス・ジェリコがマジソン・スクエア・ガーデンで宿敵ジェイ・ホワイトからIWGPヘビー級のベルトを奪い返し王者復権を果たした。
元WWEやWCWでベルトを巻いた世界的に、知名度の高いクリス・ジェリコ。
日本でも数多くの団体に登場。
冬木軍にも所属、外道、邪道、と共にライオン道と名乗った。
年齢的に見たらオカダ・カズチカ31歳
クリス・ジェリコ48歳とレスラーとしてはピークを過ぎた選手に思える。

内藤哲也からIWGPインターコンチネンタル王座を奪ったクリス・ジェリコ。
反則技も多く奇襲なども目に付くファイトスタイル。
クリス・ジェリコの実力を考えたら、よほどの事がない限りオカダ・カズチカ勝利は固い。

事態は急変クリス・ジェリコの現在の実力が判明した。
ケニー・オメガやCodyらが立ち上げた新団体。
クリス・ジェリコは、AWE旗揚げ戦で、ケニー・オメガと初代AEWのベルト争奪戦の試合に挑んだ。
ケニー・オメガの実力はもはや説明する事はない。オカダ・カズチカからIWGPヘビー級のベルトを奪った。

連続防衛記録をストップさせオカダ・カズチカを低迷させる原因を作ったケニー・オメガ。
そのケニー・オメガと戦い勝利を奪ったクリス・ジェリコ。

ケニー・オメガがAWE旗揚げ戦
画像出典元
AEW公式

ケニー・オメガを破ったクリス・ジェリコを警戒するオカダ・カズチカ。
実力を証明したクリス・ジェリコは一気に注目が集まることになる。

クリス・ジェリコ初代のAWEのベルトまであと一歩。
ハングマン・ペイジと初代AEWのベルトをかけて戦う事が決まっている。

オカダ・カズチカからIWGPヘビー級のベルトを奪い。AEWのベルトもクリス・ジェリコとなれば、再びクリス・ジェリコが世界に名を轟かせる。
クリス・ジェリコは世界的に再び注目が集まるレスラーとなる訳だ。
AEW旗揚げ戦ケニー・オメガVSクリス・ジェリコ

新日本プロレスVSAEW

今回のIWGPヘビー級選手権は新日本プロレスVS AEWの色も濃ゆい。

最近WWEを退団AEWと複数年契約をした元WWEヘビー級王者ディーン・アンブローズことジョン・モスクリー。
ジュース・ロビンソンからIWGP USヘビー級王座を奪ってしまった。
AEWへ新日本プロレスのベルトが流出と言う事態に直面。

オカダ・カズチカまで敗れると、新日本プロレスの至宝が流出となる。
ケニー・オメガやエリートの大量AEWへ移籍。巨大化していくAEW。

業務提携が結ばれるなら、ケニー・オメガやCodyが再び新日本プロレスへ戻ってくる可能性も。
今後も見逃せない新日本プロレス VS AEW。
オカダ・カズチカVSクリス・ジェリコのIWGPヘビー級選手権はDOMINION 2019
新日本プロレス DOMINION 5大王座戦開催。IWGPヘビー級選手権 インターコンチネンタル選手権。

あわせて読みたい記事