AEW旗揚げ戦でクリス・ジェリコがケニー・オメガにリベンジを果たす。

2019年1月に棚橋弘至からIWGPヘビー級のベルトを奪われ新日本プロレスを退団したケニー・オメガ

そのケニー・オメガは新団体AEWへ移籍

新日本プロレスからAEWへ移籍したレスラーはケニー・オメガ、Cody、ヤングバックス

クリス・ジェリコの参戦も決まっていた。

今年1月まで新日本プロレスに参戦していたケニー・オメガ、Cody、ヤングバックス(ニック、マットのジャクソン兄弟)らによるAEW旗揚げ戦で、クリス・ジェリコ(48)がケニー・オメガを下して新設されたAEW世界王座の挑戦権を獲得した。大会メインで、18年1月の新日本プロレス東京ドーム大会以来の再戦が実現した。

ケニー・オメガがAWE旗揚げ戦
画像出典元
AEW公式

クリス・ジェリコはオカダ・カズチカの保持するIWGPヘビー級のベルトへの挑戦も決まっており

ここはケニー・オメガ、にリベンジを果たし新日本プロレスのリングに登場してほしいものである。

 

しかしケニー・オメガ、の実力は日本ではお馴染みでそう簡単にはいかない事も感じる。

しかしクリス・ジェリコは見事にケニー・オメガから勝利して見せた。

相手頭部に強烈な膝攻撃を連発し、さらにコードブレイカーで大ダメージを与えた。最後は新技のジュダス・エフェクトと呼ばれるローリング・バックエルボーをオメガに打ち込み、3カウントを奪ってみせた。

 

クリス・ジェリコはAEWはファンのための団体ではなくクリス・ジェリコの為の団体だと叫び

ファンからブーイングを浴びる

 

その存在感は半端ない。

AEW世界王座挑戦権と銘打たれたケニー・オメガVSクリス・ジェリコ

 

クリス・ジェリコが挑戦権を獲得

バトルロイヤルで優勝しているハングマン・ペイジと決定戦が決まった。

 

ハングマン・ペイジに勝利すると初代AEW世界チャンピオンとなる。

6月にIWGPヘビー級王座をかけて戦うオカダ・カズチカもケニー・オメガに勝利したクリス・ジェリコを警戒レベルMAXに引き上げるしかない

 

しかしクリス・ジェリコから防衛する事でさらに新日本プロレスを高みへ導くこともできる大きなチャンスともなった。

 

スポンサーリンク
 




元WWE王者モクスリーがAEWへ登場

WWEを退団した元WWE世界王者モクスリーがAEWのリングへ登場した。

ケニー・オメガVSクリス・ジェリコ戦後リングに登場した

モスクリーリングに大の字になるケニー・オメガを尻目にクリス・ジェリコを挑発

 



必殺技ダーティ・ディーズでクリス・ジェリコとなんとレフリーまでも沈めた。

その後ケニー・オメガとも場外乱闘を繰り広げ、ケニー・オメガにもダーティ・ディーズをお見舞い観客を沸かせた。

WWE大物選手の登場に集まった約2万人のファンからは「モクスリーーコール」が響き、大会終了後にはAEWと複数年契約を結んだことも正式発表された。

あわせて読みたい記事