棚橋弘至復帰が決まった。IWGPヘビー級王座を狙います。

飯伏幸太と内藤哲也の試合が終わった後

棚橋弘至が登場した。

 

棚橋弘至がマジソン・スクエア・ガーデンでザックセイバーjrとの試合後

ひじの怪我で休場する事になった。

 

G1クライマックス優勝、ケニー・オメガからIWGPヘビー級のベルトを奪い

防衛を重ねる予定であったが、ジェイ・ホワイトにまさかの敗戦

 

レインメーカをショックを再び起こしてしまった棚橋弘至

再起をかけたザックセイバーjr戦で一気に地に落ちる事になる

 

まさに天国と地獄を一気に駆け回る棚橋弘至

「棚橋です! 左のヒジを手術しました。先日ギブスも取れて、抜糸もしました。ですが、試合したかったです。去年の5月4日、ここ福岡でみんなにもらった大声援が凄くて、8月『G1 CLIMAX』優勝して、さらにその勢いで東京ドームでIWGPのチャンピオンになりました。が、2月ベルトを獲られて、負けが続いて今俺はここです」

 

 

棚橋弘至両国国技館で復帰
画像出典元
NJPW
新日本プロレス
棚橋弘至が地に這うポーズ

マットに這う棚橋弘至が今はここ

しかしIWGPヘビー級王座を狙いますと宣言した。

 

スポンサーリンク




ジェイ・ホワイト登場棚橋弘至を痛めつける

ここで黙っていないのがジェイ・ホワイト

棚橋弘至からIWGPヘビー級のベルトを奪ったジェイ・ホワイト

 

棚橋弘至に向って

お前はIWGPヘビー級王座を狙うのか?といちゃもんを付けた。

「タナハシ! おまえはここに来て、IWGPヘビー級のベルトを狙っているのか? おまえは挑戦者として、自分が値するレスラーだと思っているのか? おまえなんか、いまとなっては挑戦者の列の最後尾だ! ゴトーよりも後ろだ! ベルトは持っていないが、俺こそがチャンピオンなんだ。俺こそがチャンピオンなんだ。おまえは列のうしろに並んでおけ!」

 

新日本プロレスのレジェンドに何のためらいもなく罵声を浴びせるジェイ・ホワイト

ジェイ・ホワイトもIWGPヘビー級のベルトを腰に巻くもオカダ・カズチカに奪還され

防衛回数0でフラストレーションがたまっている。

 

ベルトは失っても王者は自分だというジェイ・ホワイトが負傷している棚橋弘至を襲う

棚橋弘至をジェイ・ホワイトが襲う
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

後藤洋央紀を倒し再びIWGPヘビー級王座を狙うジェイ・ホワイトにとって

棚橋弘至は目障りな存在であろう。

 

SANADAを倒しIWGPヘビー級王座防衛したオカダ・カズチカ

次回の相手はクリス・ジェリコが濃厚なIWGPヘビー級選手権

棚橋弘至、クリス・ジェリコ、ジェイ・ホワイトなどIWGPヘビー級王座を狙うものは多い

 

しかしリングに戻ると決めた棚橋弘至のIWGPヘビー級王座を狙うという言葉の重みは

棚橋弘至の信念を感じる。

 

まずは難敵ジェイ・ホワイト撃破が棚橋弘至の課題となる。

ジェイ・ホワイトもここで引き下がるわけにもいかない

オカダ・カズチカも棚橋弘至のIWGPヘビー級戦線復活は新日本プロレスのレスラーなら当然と言い放った。

スポンサーリンク



あわせて読みたい記事