盟友合体天空の逸女紫雷イオ&海賊娘カイリ・セイン

スマックダウンで活躍するロックスター中邑真輔と女帝アスカ

NXTで活躍する海賊娘カイリ・セインと天空の逸女紫雷イオこの2人がついにタッグを結成
「誰も私たちを止められない」と宣言した。

2018年NXTで大活躍の2人カイリ・セインはアスカに次ぐ2冠
NXT年間最優秀スーパースター=カイリ・セイン。

NXT年間最優秀女子スーパースター=カイリ・セイン
新人の天空の逸女紫雷イオ。

未来へのスター候補に贈られるNXTフューチャー・スター=紫雷イオをそれぞれ受賞した。
カイリ・セイン&紫雷イオNXTW受賞

公私共に仲の良い姿を見せるカイリ・セインと紫雷イオ
日本の女子プロレス団体スターダムに所属しお互い切磋琢磨しタイトルマッチでも戦い
信頼関係のある2人。

2017年からWWEのNXTに参加のカイリ・セイン
メイヤングクラッシックトーナメンで優勝NXT女子王者まで上り詰めた。

紫雷イオも翌年行われたメイヤングクラッシックトーナメンで準優勝
NXTでは先輩のカイリ・セインのNXT王座陥落後

リベンジマッチでカイリ・セインを救出に現れ相手にムーンサルトプレスを放ち
盟友カイリ・セインのために飛んだと言った紫雷イオ

共通の敵となった、MMAフォー・ホースウィメン」のマリナ・シェファー、ジェサミン・デューク
もうタッグを組まない理由はなくなった。

日本でもスーパースターだったカイリ・セインと紫雷イオは、NXTでも色あせることなくWWEユニバース(ファン)の心をガッチリと掴んでいる。

WWEのスーパースター達と比べたらあきらかに体格の差は歴然
カイリ・セインはロックアップすら出来ない相手と戦ってNXTの王者まで上り詰めている。
しかしスピードと技で翻弄する2人の息はWWEユニバースの心をがっちりつかんだ。

海賊娘カイリ・セイン&天空の逸女紫雷イオVSマリナ・シェファー、ジェサミン・デューク

チームワーク抜群の紫雷、セイン組は序盤にダブルドロップキックでデュークを蹴り飛ばし、立て続けに紫雷がダブルニーで圧倒。一時は紫雷がシェファーに攻め込まれながらも、何とか交代。セインはドラゴンスクリューからのスピアー、さらにスライディングDで猛攻。さらに2人が連係したエルボードロップをたたき込んだ。紫雷がトペ・スイシーダで場外にいたデュークを撃退。するとセインがコーナートップから必殺技インセイン・エルボーでシェファーにとどめを刺し、3カウントを奪ってみせた。

カイリ・セイン&紫雷イオの今後の展開は?

WWEと言えば1軍の青のスマックダウンと赤のロウとなるのだが

NXTの位置づけは2軍と言う事になる。
新人や若手がNXTで結果を出しスマックダウンやロウに昇格と言う事になる。

現在スマックダウンで活躍している中邑真輔とアスカもNXTで結果を出し
スマックダウンやロウに昇格している。

そのアスカも女帝アスカと呼ばれさらにスマックダウン女子の頂点スマックダウン女子王者のベルトを巻く。
女帝アスカは伝説のレスラーとなろうとしているのは間違いない。

WWEで活躍女帝アスカ
画像出典元
(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

中邑真輔も絶大な人気を誇りロックスターから黒のロックスターUS王者になってからはナカメリカと自分を呼びWWEユニバースを魅了している。

カイリ・セインと紫雷イオも現在NXTと言う事は遠くない未来
スマックダウンやロウに昇格と言う事になる。

ロウで新設されたWWE女子タッグのベルトタッグ戦線もスーパースターが必要となってくる。
タッグでの昇格も考えられるが

元来シングルプレイヤーで日本でもプロレス大賞を3年連続でMVPを受賞した紫雷イオもNXTのベルトは欲しいところであろう。

カイリ・セインも再びNXT女子王者へとコメントしてることからこのタッグの雲行きは怪しいのかもしれない。

NXT女子王者をかけてカイリ・セインVS紫雷イオというシチュエーションも変わる事すら考えられる。
エンターテインメントプロレスWWEはいつ何が起こるか予測不能でもある。

しかし女帝アスカはWWEで活躍する事が出来るレスラーはごく一部で素晴らしいことだとも言う。
2019年カイリ・セインと紫雷イオの1軍ロウもしくはスマックダウンへの昇格はあるのか?

カイリ・セインは3年目のNXTとなりMVPも受賞したとなれば昇格はもう目の前かもしれない。
海賊娘カイリ・セイン&紫雷イオのタッグチームを堪能できる瞬間は少ない可能性もある。

WWE退団 カイリ・セインが日本WWEプロモーションサポーター

あわせて読みたい記事