維新軍からジャパンプロレス

長州力の参謀役として登場したマサ斉藤

維新軍はこの男が居なかったら成功はしていない

そんな参謀役マサ・斉藤である。

 

パンプアップされた体から繰り出される

旋回式バックドロップなど印象的な技も多い

刑務所に服役の経験もあり

開発した技が監獄固めである。

マサ・斉藤
画像出典元 全日本プロレス

 

 

 

アントニオ猪木の後継者藤波辰巳に反旗を翻し

藤波辰巳との名勝負を繰り返す長州力

 

かませ犬発言

感情をむき出しに試合をする長州力の人気は急上昇

タイガーマスクに敵対する、小林邦明

国際プロレスの残党として参加していた、ラッシャー木村、アニマル浜口、寺西勇

 

アニマル浜口と寺西勇も維新軍に参加する形となる。

長州力率いる維新軍はプロレス界の注目の的でもあった。

 

アニマル浜口は、ヒールだった国際プロレス軍団から維新軍に方向を変えたことで

ファンからの指示を集める事になる

 

革命戦士から革命軍〜維新軍へと変化増加するメンバーに転機が訪れる事になる。

 

Sponsored Link



新日本プロレスクーデター

 

しかし、そんな矢先新日本プロレスでクーデターが起きてしまう。

アントニオ猪木の経営に不信をもった、選手たちが

アントニオ猪木の社長退任を迫った。

 

しかし、このクーデターは失敗

前田日明のUWFを生んでしまう事になる。

前田日明新日本追放

 

新日本から独立した会社新日本プロレス興行が発足

新日本プロレス興行は全日本プロレスと提携

そこに維新軍が参加したため

 

長州力は全日本プロレス参戦の運びとなった

この全日本プロレス参戦を後押ししたのがマサ斉藤と言われている。

長州&アニマル浜口から始まった維新軍は、小林邦明、寺西勇、キラー・カーン

谷津嘉章、栗栖正伸、永源遙、保永昇男、新倉史祐、仲野信市と一大勢力となり

全日本プロレスと新日本プロレスの引き抜きの火種にもなった。

維新軍の参謀役としてマサ・斉藤が全面的にバックアップ

維新軍は、ジャパンプロレスとして全日本プロレスに参加する事になる。

マサ斉藤の助言がなければ長州力の行動はなかったとも言われ

マサ斉藤に対する長州の信頼は大きかった。

リング上でも、長州力&マサ斉藤で全日本プロレスや新日本プロレスで活躍を見せている

長州力のタッグパートナーはアニマル浜口からマサ斉藤

谷津嘉章が成長するまで、長州力のタッグパートナーを務めた。

巌流島決戦

長州力が新日本プロレスに復帰すると前田日明率いる

UWFと新日本プロレスの戦いの図式に割り込んだ長州力

新日本プロレスでニューリーダーを結成

長州力&藤波辰巳&前田日明の共闘で話題を呼んだ

ナウリーダーは、アントニオ猪木&マサ斉藤&藤原喜明

ニューリーダーVSナウリーダーの図式が出来

長州力VSマサ斉藤と相対した時代もあったが

ナウリーダーに同世代の藤原喜明や若手の武藤敬司が参戦したため

なんともチグハグは戦いになり直ぐ消滅した。

その後長州力の世代抗争をかわすように

アントニオ猪木はマサ斉藤との対決を繰り返し

完全決着戦として、巌流島決戦をマサ斉藤に持ち掛けた。

アントニオ猪木VSマサ・斉藤巌流島決戦
画像出典元 日刊スポーツ

死ぬまでやると対戦を要求、ノーピープルマッチ

無観客試合を、時間無制限ノールールで強行した。

結果は、2時間に及ぶ試合でアントニオ猪木のTKO勝ちとなったがこの試合は賛否両論を呼んだ。

コーナーポストに火が立てられ異質な試合になった。巌流島決戦

しかし、話題性抜群の試合であった。

マサ斉藤は、アントニオ猪木の生涯のライバルとし

長州力と共闘し長州力のプロレス革命に貢献

谷津嘉章の参加もマサ・斉藤がいて実現した。

佐々木健介や馳浩など後にプロレス界に貢献する選手もマサ・斉藤の影響が大きい。

前田日明やハルク・ホーガンとも戦いどんなレスラーにも対応できた

マサ斉藤

プロレス界に残した足跡は大きなものであった。



マサ斎藤さん訃報

レジェンドレスラーのマサ斉藤

ジャイアント馬場やアントニオ猪木と同世代レスラーである

坂口征二と同期でプロレス界への影響も大きい

 

長州力を始め谷津、佐々木健介、馳浩などの成長にも大きく貢献

新日本プロレス、全日本プロレスで活躍したレスラーであった。

 

長州力の維新軍が出来なければ天龍革命も起きなかった。

天龍革命から、怪物ジャンボ鶴田の誕生そして時代を凌駕した四天王プロレスと繫がる

闘魂三銃士も長州のジャパンプロレスから全日本プロレスへの移籍でできた副産物でもある。

 

歴史を紐解けばキリがないが、マサ斉藤の参謀が大きくプロレス界の改変に繋がっていったのかもしれない。

プロレス界のレジェンド、マサ斎藤(本名・斎藤昌典)さんの訃報に、マット界は深い悲しみに包まれた。 明大時代の同級生でもある新日本プロレスの坂口征二相談役は「何と言っていいのか分からない。男気にあふれた人間だった。外国人レスラーには一目置かれていたよ。親分肌で面倒見も良かったからね。亡くなる前の日まで元気に話していたと聞いた。近いうちに会いに行かなくちゃいかんなあと思っていた矢先の訃報だった。心から哀悼の意を表します」と話した。 また維新軍、ジャパンプロレスなどで行動をともにした“革命戦士”長州力は「言葉が見つからない」とショックを隠し切れなかった。

 

長州力引退最後の試合で思い出すのは・・アントニオ猪木への感謝




あわせて読みたい記事