カブキ・ウォリアーズVSベッキー・リンチ

カブキ・ウォリアーズ アスカ&カイリ・セイン
ザ・マン事RAW女子王者ベッキー・リンチ
この両者がハンディキャップを行った。

カブキ・ウォリアーズVSベッキー・リンチ&シャーロット・フレアーのWWE女子タッグ戦が決まった。

なぜか前哨戦でのカブキ・ウォリアーズVSベッキー・リンチのハンディキャップマッチ
いくら、ベッキー・リンチが強くてもこの2人と戦えば
ボコられるのは決定的アスカもエキサイト。

「テメー! なめてんじゃねえぞ!」と叫びながらヒップアタックを放つと、カイリもスリーパーで絞め上げてベッキーを追い込んだ。

ベッキー・リンチもRAW王者の意地を見せて、2人を蹴散らす場面を作り出す。

しかし、カイリを腕固め(ディスアーマー)に決めた所でアスカがベッキー・リンチに椅子攻撃、ここで反則裁定。
蘇ったカイリ・セインは、場外へ・・・インセインエルボー。ベッキー・リンチをKO
RAW王者ベッキー・リンチは屈辱のKOとなった。

カブキ・ウォリアーズVSベッキー・リンチ
画像出典元
(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ヒール化?カブキ・ウォリアーズは、女王様シャーロット・フレアーも襲撃
年内最終戦となるカブキ・ウォリアーズ。

WWE女子タッグで頂点を極めるため
ベッキー・リンチ&シャーロット・フレアーと対戦
ベッキー・リンチとシャーロット・フレアーと言えば、WWE女子では頂点に君臨する選手。
SD女子のベルトを巡ってアスカと激しい攻防を繰り広げた。

WWEに参戦したアスカの連勝記録を止めたのはシャーロット・フレアー
アスカがSD王者時代、防衛戦の相手に登場したのはベッキー・リンチとシャーロット・フレアー

紆余曲折を得て、ベッキー・リンチは、RAW女子王者
アスカは、カイリ・セインとWWE女子タッグ王者
女王様シャーロット・フレアーは無冠となっている。

アスカは「おーい、やったったで! 誰が女王やねん。ラダー、チェア、テーブルなんでもやってやろうやんけ!」とシャーロットを挑発すると、カイリは「真っ二つですよ。テーブルごと桃太郎のようにパッカーン!」と不敵にもベッキーに宣戦布告を放った。

シャーロット・フレアーを挑発して見せたアスカ
しかし今のカブキ・ウォリアーズには、王者として負けない戦略がある
アスカの毒霧これがWWE王座防衛のキーワードとなるかもしれない。

あわせて読みたい記事