後藤洋央紀がNEVER無差別級王者

G1クライマックス29に電撃参戦した。
元プロレスリング・ノア元WWEのKENTA
飯伏幸太、棚橋弘至を撃破
一気に優勝戦線へと思いきや後半失速。

柴田勝頼から恩恵を受けたKENTAであったが
自ら生き残る道を選択、BULLET CLUBへ加入
柴田勝頼を裏切った。

因縁ができたCHAOS石井智弘が保持していた
NEVER無差別級王者に挑戦ベルトを奪って見せた。

その後CHAOSの石井、YOSHI-HASHI
と防衛を行うもBULLET CLUBの介入反則まがいで防衛を繰り返す。

一方後藤洋央紀は、2冠闘争に名乗り
G1クライマックスで撃破したジェイ・ホワイトの保持するインターコンチネンタルに挑戦するも
KENTAの乱入でベルト奪取ならず。


そこから後藤洋央紀がKENTAを付け狙う
KENTAも後藤洋央紀を小馬鹿にした発言を繰り返し
試合そっちのけで番外戦を繰り返してきた
低迷していた後藤洋央紀の強さがよみがえってきた。

気迫、技の切れは王座獲得の期待が高まっていた
レッスルキングダム2日目に登場した
NEVER無差別級選手権。

王者KENTA VS チャレンジャー後藤洋央紀

後藤洋央紀
画像出典元
NJPW

あわせて読みたい記事