ハイフライヤーからヘビー級転向を決意したウィル・オスプレイ

2020年5月現在新日本プロレスウィル・オスプレイは、RPWブリティッシュ・ヘビー級王座を保持している。

ハイフライヤーとして彗星のごとく新日本プロレスに上陸したウィル・オスプレイ

現在WWEで活躍する、リコシエと度肝を抜く空中戦を見せた。

 

ウィル・オスプレイはCHAOSオカダ・カズチカが、見つけてきた逸材は有名な話であるが

オカダ・カズチカが新日本プロレスを紹介

 

新日本プロレスに登場するとCHAOSのメンバーとなった。

KUSHIDAの保持する、IWGPジュニアヘビー級に挑戦

しかしKUSHIDAに敗戦すると、新日本プロレスの奥の深さを痛感する

 

それでもウィル・オスプレイの潜在能力は群を抜いており、次第にジュニアヘビー級の頂点に近づく

BEST OF THE SUPER Jr.に出場すると、優勝をさらって見せた

 

さらに、KUSHIDAからIWGPジュニアヘビー級王座を奪いジュニアヘビー級の頂点に立った。

IWGPジュニアヘビー級王座を奪った2017年であったが、防衛回数0回で王座を奪われた

 

その王座を奪い返すと、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン高橋ヒロムがウィル・オスプレイからジュニアヘビー級のベルトを奪いジュニアヘビー級の頂点に立った。

 

高橋ヒロムはその年、BEST OF THE SUPER Jr.を制覇、IWGPジュニアヘビー級王座獲得

高橋ヒロムこそが、獣神サンダー・ライガーの次に新日本プロレスのジュニアヘビー級を牽引する

存在となった。

 

しかし高橋ヒロムは怪我のため長期欠場に入る事になる、もし高橋ヒロムの怪我がなかったら

ウィル・オスプレイのヘビー級転向はもっと早かったのかもしれない。

 

KUSHIDAが新日本プロレス退団、高橋ヒロムが欠場の中ウィル・オスプレイは新日本プロレスのジュニアヘビーを守り抜いた

その中で2019年ジュニアヘビー級戦士として無差別級王座でもあるNEVER無差別のベルトに挑戦した

 

この飯伏幸太が保持するNEVER無差別王座挑戦がウィル・オスプレイを大きくヘビー級転向を意識させた。

ウィル・オスプレイバックエルボ
画像出典元
新日本プロレス

 

飯伏幸太との試合序盤はハイフライヤー同士動きの素早い展開を見せるが

フィニッシュとなったのは、飯伏幸太へのバックエルボを振りぬいた

後頭部に食らった飯伏幸太は、失神した。

 

強引に引き起こすと、ストーム・ブレーカーで3カウントベルトを奪って見せた

オカダ・カズチカとのシングルを行った頃のウィル・オスプレイとは技の重さも違っていた

 

ストーム・ブレーカーでの勝利であったが、実質後頭部へのバックエルボーで勝利は決まっていた。

ここで特筆すべきは、技の重さで勝利したウィル・オスプレイであった。



ジュニアヘビー級からヘビー級総なめにしたウィル・オスプレイ

2019年IWGPジュニアヘビー級王座を再び腰に巻くも

ウィル・オスプレイは、ヘビー級の祭典NJC(ニュージャパンカップ)

G1クライマックスに出場

 

ジュニアヘビー級の祭典BEST OF THE SUPER Jr.にも出場優勝して見せた

ジュニアヘビー級では、敵なしとなったウィル・オスプレイ

 

ヘビー級の祭典、ジュニアヘビー級の祭典全てに出場して見せたウィル・オスプレイであった。

 

BEST OF THE SUPER Jrの決勝では最後の難関ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの鷹木信吾と対戦

鷹木信吾は、新日本プロレス参戦いまだ無敗であった。

 

鷹木信吾に勝利した、ウィル・オスプレイは自分に挑戦したいやつは?

そうリングから問いかけた。

ウィル・オスプレイがベスト・オブ・スーパージュニア優勝無敗の鷹木信悟に勝利

 

 

誰も名乗りを上げない中、自らジュニアヘビー級最強になった

もはや敵はいないそう思わせた時

 

高橋ヒロムが電撃的に復活、ウィル・オスプレイの保持するIWGPジュニアヘビー級挑戦を宣言した

ウィル・オスプレイは宿敵の登場に内心歓喜したのではないか?

 

ウィル・オスプレイにとってジュニアヘビー級最後の戦いに相応しい相手であった

この時点でウィル・オスプレイはヘビー級転向を決めたのではないかそう思わせた。

 

高橋ヒロムとの激闘を終えたウィル・オスプレイは清くジュニアヘビー級を卒業

ヘビー級を転向を宣言した。



ウィル・オスプレイはIWGPヘビー級王座を狙う

新日本プロレスをホームと言うウィル・オスプレイ

日本が好きで、日本人が好きというウィル・オスプレイ

 

日本に引っ越す宣言もでた

そんなウィル・オスプレイが2020年狙うのはIWGPジュニアヘビー級王座以外考えられない

現在IWGPジュニアヘビー級王座はロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也が保持している

 

通例ならNJC優勝者と防衛戦を行っているはずの内藤哲也

しかし新日本プロレスはいまだ新型コロナウィルスの影響で

再開をしていない

新型コロナウィルスでストップの興行、新日本プロレスの再開はいつか?

新型コロナウィルスでストップの興行、新日本プロレスの再開はいつか?

2020年ウィル・オスプレイの年になるはずだったかもしれない

新日本プロレス参戦多くの対戦を経てヘビー級に通用する体を作り

 

ハイフライヤーから戦士に成長したウィル・オスプレイ

新日本プロレスが再開した後のウィル・オスプレイの活躍に期待したい。

あわせて読みたい記事