高橋ヒロムがBULLET CLUBのTシャツ

高橋ヒロムがキング・オブ・ダークネスEVILの保持するIWGPジュニアヘビー級&インターコンチネンタル王者のベルトへ挑戦
EVILは、盟友高橋ヒロムにお前はいつまで内藤哲也のそばにいるのだ?その言葉に過剰に反応した。
EVILの高橋ヒロムへの陽動作戦でもある本気なのか?演技なのか?
高橋ヒロムは悩む素振り。
キング・オブ・ダークネスEVIL、高橋ヒロムも勧誘か?ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン崩壊目論む?

キング・オブ・ダークネスEVIL、高橋ヒロムも勧誘か?ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン崩壊目論む?


しかしリングインした高橋ヒロムが脱いだコスチュームの下からBULLET CLUBのTシャツが
ニヤリとするキング・オブ・ダークネスEVIL
高橋ヒロムは、くるりと内藤哲也を見て内藤哲也を指さすと、ピストルサインを内藤哲也に向けた。
驚く内藤哲也、高橋ヒロムも裏切り?

高橋ヒロム、バレット・クラブのTシャツ
画像出典元
NJPW

その瞬間高橋ヒロムは、EVILを襲撃
場外にたたき出すと、BULLET CLUBのTシャツを破り捨てEVILの首に巻き付けた。
「そんなわけあるか」高橋ヒロムはそう叫んだ。

EVILも高橋ヒロムの事をよく知る人物でありこの行動は予測ずみである。
試合は、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの結束と、バレット・クラブの連携の戦いになった。

東郷に頭を取ったまま石森にドロップキックを浴びせ、ブルドッキングヘッドロックで叩きつける。そして、場外のEVILにトペスイシーダをお見舞い。

その後、BUSHIと内藤がEVILを抱え上げ、ヒロムのミサイルキックから合体バックドロップ。そして、BUSHIは青コーナー2段目からエムエックスを繰り出すが、EVILが回避。その直後、石森がBUSHIにジャンピングニーアタックを食らわせ、バッククラッカーで内藤の動きを止める。
さらに石森がヒロムをスローイングし、EVILがカウンターラリアットをお見舞い。その直後、石森が海野レフェリーを押さえつけるなか、東郷がワイヤーでBUSHIの首を絞める。そして最後は、EVILがEVILを炸裂させて3カウントを強奪した。

2冠王者の貫禄で勝利して見せたキング・オブ・ダークネスEVIL

EVIL「ヒロム、リング上で言った通りだ。オマエを名古屋の地で地獄の底に葬ってやる。いいか、俺こそが正義なんだ。オマエは勘違いしてるぞ。俺こそが、正義なんだ。オマエのやることなんてなぁ、全てお見通しなんだよ。よく、覚えとけ!

高橋ヒロムとキング・オブ・ダークネスEVILの戦いは、ヒロムちゃんワールドVS暗黒ワールドの戦いに。

内藤哲也が意味深な4番手から逃げたEVILは結局は二番煎じ以下

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンに造反したEVILに内藤哲也が言及
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン離脱は、内藤哲也も尊重しかし、バレット・クラブでよかったの?

結局は二番煎じ以下と発言、柴田勝頼を裏切って、BULLET CLUB入りしたKENTAの事であろうか?
それとも自らの二番煎じという事か?
離脱したEVILに寂しさも感じながら

結果の欲しかったEVILの行動を評価
今日現在彼の行動は正しかったのでは?と冷静に判断した内藤哲也
去る者は追わない内藤哲也はさらに言及
内藤哲也自身としては、奪われたベルトよりまずは

EVILにリベンジを優先する。

内藤哲也はEVILのロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのポジションをこう評価した。
最初のパレハはEVIL
しかし彼は四番手に甘んじていたと。
内藤哲也

俺にはLIJの4番手に甘んじていた現状から逃げたとしか見えなかった。結果を残したのは素晴らしいことなんだけど、安易な方法に逃げてしまったかな」。セコンド介入など手段を選ばず結果を求めるのは、LIJ結成当初の内藤も通ってきた道だ。それだけに「本当にそれでよかったの? なにか新しいものをつくるならまだしも、BCに入ってそれをやっても結局は二番煎じ以下ですよ」と切り捨てる。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンでのEVILのポジションをどう評価するかは
ファン次第であるが、内藤哲也を筆頭に、個々が大きく成長してきたロスインゴベルナブレス・デ・ハポン
そのなかでEVILはポジションを見出せなかったのかもしれない

いまは2冠王者のEVILだが、新日本プロレスでそのベルトを長く防衛するのは容易なことではない
ベルトを失った時、キング・オブ・ダークネスEVIL存在はどうなるのか?
内藤哲也が言う二番煎じなら、一瞬の輝きで終わる事になる。
制御不能と言われた内藤哲也の復活は怖い。

あわせて読みたい記事