日本人初となるか?WWEチャンピオン

 

古くはアントニオ猪木が、WWEの前身である

WWWF王座に挑戦し

ボブバックランドから王座を奪ったが認定はされていない

 

【日本人の戴冠は例なし】 WWEのヘビー級シングル王座で日本人が戴冠した例はない。前身のWWF(WWWF)でもアントニオ猪木(74=参議院議員)が、1979年にボブ・バックランドから王座を奪ったのみにとどまっている。

 

過去の中邑真輔のWWE挑戦

新日本からWWE移籍わずか1年4か月で世界王座に挑戦した中邑真輔だが結果は王座奪取ならず。

 

 

中邑真輔
画像出典元東スポ

2017年

日本が誇るキング・オブ・ストロングスタイルが、世界の頂点に王手をかけた。WWEのスマックダウン大会で“アーティスト”中邑真輔(37)が、ジョン・シナ(40)とのWWE世界王座挑戦者決定戦に勝利。真夏の祭典「サマースラム」(20日、ニューヨーク州ブルックリン)で“インドの怪人”こと王者ジンダー・マハル(31)に挑戦することになった。

【WWE】ジンダー・マハル vs 中邑真輔

 

中邑真輔
画像出典元 summerslam WWE

〇王者ジンダー・マハルカーラスVS中邑真輔×

カラース(コブラクラッチスラム)で王座防衛!

Sponsored Link



AJスタイルズVS中邑との夢対決

新日本の黄金カードだった

現WWE王者AJスタイルズと中邑真輔との王座戦が濃厚だ

「レッスルマニア34」

【ペンシルベニア州フィラデルフィア28日(日本時間29日)発】中邑が大殊勲の優勝! WWEのPPV大会「ロイヤルランブル(RR)」で30選手が参加した伝統のRR戦が行われ、日本の“ロックスター”中邑真輔(37)は1時間超の激闘の末、初参戦初優勝を決めた。中邑は祭典「レッスルマニア34」(4月8日、ルイジアナ州ニューオーリンズ)メーンでWWE王座(現王者はAJスタイルズ)に挑戦する

WWE前身WWF前身WWWF

歴代では、アントニオ猪木・ジャイアント馬場・ストロング小林・キラーカーン・TAKAみちのく・TAJIRI

中邑真輔2度目の挑戦で快挙なるか?

 

日本人初の快挙なるかAJスタイルズとの決戦が楽しみだ

女子ではASUKAが躍動している

無敗女王・アスカ(36=華名)が祭典でロウ女子王座に挑戦することが確実となった。前夜に女子EC戦を制した王者アレクサ・ブリスがミッキー・ジェームスに「アスカの連勝記録は私が止める」と話しているところにアスカが登場。そのままアスカ、ベイリー、サーシャ・バンクス組対アレクサ、ミッキー、ナイア・ジャックス組のタッグ戦に突入し、最後はアスカが飛びつき腕十字固めでミッキーを仕留め、祭典での王座戦を確定させた。

Sponsored Link


関連お勧め記事