AXIZ中嶋勝彦敗戦、新王者拳王

プロレスリング・ノアで勢いを増してきた

AXIZ中嶋勝彦と潮崎豪

 

共にGHCのベルトを保持、プロレスリング・ノア制圧に向かった

中嶋勝彦の前に金剛の拳王が立ちふさがり

 

中嶋勝彦のGHCナショナル王座に挑んだ

拳王をこき下ろした中嶋勝彦であったが

 

拳王からベルトを奪われる事になった。

潮崎豪&中嶋勝彦【AXIZ】プロレスリング・ノア制圧へ

潮崎豪&中嶋勝彦【AXIZ】プロレスリング・ノア制圧へ

拳王は、王者の必殺技バーティカルスパイクを起死回生のドラゴンスープレックスで返して形勢逆転。コーナー最上段からの投げっぱなしドラゴン、ダイビングフットスタンプとつなぎ、最後は掌底連発からの右ハイキックでダウンを奪うと、レフェリーが試合を止めた。

中嶋勝彦と潮崎豪の新しいプロレスリング・ノアの勢いに期待されたが、ベルトは反体制の金剛

拳王の元に、拳王は現在潮崎豪が保持する、GHCヘビー級のベルトも視野に入れており

 

2冠を目指す。



潮崎豪も丸藤正道組みに敗戦

一方AXIZ相棒の、GHCヘビー級王者潮崎豪も丸藤正道とのGHCヘビー級防衛戦を控える

プロレスリング・ノアの顔丸藤正道は、アイアム・ノアと主張する、潮崎豪に不快を表し

 

アイアム・リアル・ノアと自らが、プロレスリング・ノアの顔である事を主張

潮崎豪は、一度プロレスリング・ノアを捨てた男

 

その潮崎豪を迎え撃ったのは、プロレスリング・ノア旗上げメンバー

丸藤正道、杉浦貴、小川良成組

試合は一進一退も最後は、丸藤正道が潮崎豪から直接ギブアップを奪った

 

チョップ合戦から、潮崎のゴーフラッシャーで再びピンチに陥った丸藤だが、最後は一瞬の隙を突いてパーフェクトキーロックを決め、直接王者からタップを奪った。

AXIZの両輪がいきなり失速となった、反体制拳王が主導権を握るか、本隊の丸藤正道の元に再び政権が戻るのか混沌としてきたプロレスリング・ノア

 

AXIZ潮崎豪のGHCヘビー級防衛戦に暗雲が立ち込めた試合



あわせて読みたい記事