AXIZ、GHCヘビー級王者丸藤正道との決着戦

GHCヘビー級王者潮崎豪とGHCナショナル王者中嶋勝彦が作るタッグチームAXIZ

潮崎豪は、方舟の天才と言われるプロレスリング・ノアの象徴GHCヘビー級タイトルマッチを行う

 

潮崎豪にとっては、GHCヘビー級V3戦だが、丸藤正道と戦う事には大きな意味がある

プロレスリング・ノアでは、誰がGHCヘビー級王者となっても認知が低い

 

これはプロレスリング・ノア=丸藤正道のイメージが定着している証拠

新生となったプロレスリング・ノアが、若き王者清宮海斗を誕生させた時も

 

その色は脱却できなかった、丸藤正道が清宮海斗の前に立てばプロレスリング・ノアはその色に染まる

それだけ丸藤正道に存在感がある証拠でもある

 

しかし新日本プロレスが、棚橋弘至から新しい世代に変化したように

プロレスリング・ノアも新たに時代を変える必要もある。

 

メジャー団体と言われる新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリング・ノア

その3つで一番歴史の浅いプロレスリング・ノア

 

しかしプロレスリング・ノアは、総合格闘技ブームが起きた2000年初め

頑なにプロレスを守った。

 

新日本プロレスは総合格闘技にのまれていった言ったのを見たら、プロレスリング・ノアの功績は大きいだろう

三沢光晴や小橋建太、田上明が守ってきたプロリング・ノア

新たなエース潮崎豪が、新たなプロレスリング・ノアの扉を開く事が出来るか

 

丸藤正道とのGHCヘビー級防衛戦の課題は大きい

「丸藤正道がノアの中心に立ってきたのは認めているし、そこに何も言うことはない。丸藤正道は丸藤正道。相手がチョップを使おうがヒザを使おうが、何を使おうが、この右腕一つで倒しにいくよ。プライドも含め全部受け止めた上で倒しにいく」と拳を握った。

右腕の剛腕で丸藤正道との戦いにけりを付ける

 

アイアム・ノア潮崎豪とアイアム・リアル・ノア丸藤正道との決戦




AXIZ、GHCナショナル王座中嶋勝彦、拳王と対戦

中嶋勝彦は、反体制と名乗る拳王に、口だけ拳王とこき下ろした

反体制を名乗りながら、前親会社リデットに頭を下げた拳王

 

ブレブレと言う中嶋勝彦

中嶋勝彦は、佐々木健介の愛弟子として、最年少でプロレスデビューしている

35歳ながらキャリアは20年余り

 

プロレスの難しも楽しさも乗り越えてきた中嶋勝彦

拳王のブレブレに呆れた様子も見せた。

中嶋勝彦
画像出典元
プロレスリング・ノア

「拳王のクソヤロー、くすぶってるから指名してやったのに、つまんないことばかり言ってるから興味がなくなった」と挑戦者の土俵ともいえる“口撃”に転じる。まずは挑戦者が「あいつら(中嶋と潮﨑豪)は自己満足だ。俺はプロレス界全体の100のパイを見ているんだ」と主張した点について「お前は見てるだけで、一つもパイを取ってきてないだろ」と一蹴した。

三沢光晴を知らない世代として、GHCヘビー級王者になった事も

清宮海斗と共闘した事も、確かに拳王のやりたいことが大きく伝わらないジレンマはある。

中嶋勝彦は盟友で尊敬する潮崎豪とAXIZでプロリング・ノアを制圧する

 

拳王に構ってる暇などないそんな口ぶり

拳王としては現在の金剛を存続させるためにも、ナショナル王座は手に入れたい所

バチバチの喧嘩ファイトになる予感もする



あわせて読みたい記事