G1クライマックス29Aブロック全勝対決

オカダ・カズチカが同門のウィル・オスプレイを倒して、G1クライマックス4連勝となった。
圧倒的なオカダ・カズチカの強さが蘇った。今敵なしの状態に入った。

オカダ・カズチカ
画像出典元
NJPW
オカダ・カズチカレインメーカー
Aブロック公式戦では現IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(3勝0敗)と、現IWGPジュニアヘビー級王者のウィル・オスプレイ(1勝2敗)による同門対決が実現。
オスプレイは今年の『NEW JAPAN CUP』準々決勝でオカダと対戦するも、接戦の末に敗退。そのときのリベンジと共に、自身を新日本に導いた“偉大な兄貴分”オカダを越えるべく、持ち前の機動力で攻め込む。レインメーカーをスパニッシュフライで切り返し、さらに相手のお株を奪うツームストンパイルドライバーまで披露。だが、ストームブレイカーを切り抜けたオカダは、伝家の宝刀レインメーカーで激勝。
棚橋弘至、ザックセイバーjr、バットラック・ファレと撃破したオカダ・カズチカ
ウィル・オスプレイにも勝利となりAブロック4連勝となった。
Aブロックでは4連勝がもう一人
WWEを退団新日本プロレスに柴田勝頼と共に現れた

元NOAのKENTAである。

内藤哲也からはWWEで成功しなかった人だよね?
など新日本プロレスファンからも査定?そんな試合が続いた。
しかしKENTAは、新日本プロレスでプロレスを楽しんでいる。
試合が終わるたびに楽しいを連呼
go2sleepやgameoverなどWWEでは使えなかった技も解禁。元のKENTAに戻った。
連勝同士の直接対決、G1クライマックスAブロックの大きな山場となる。

オカダ・カズチカVS丸藤正道

KENTAの盟友NOAの丸藤正道もG1クライマックスで、オカダ・カズチカと対戦。そんな経緯がある。
その公式戦で丸藤正道は、三沢光晴の必殺技エメラルドフロージョンで、オカダ・カズチカからフォールを奪った。
丸藤正道がG1クライマック初戦で、オカダ・カズチカを撃破。

丸藤は再び不知火に行くが、オカダが突き飛ばしてコーナー最上段へ追いやり、ドロップキックをお見舞い。そこからパイルドライバーを狙うも、丸藤が脱出し、トラースキックで逆襲。 すると、オカダがカウンタードロップキックで巻き返し、レインメーカーに行く。これを丸藤が切り返して虎王を放つが、オカダがかわしてジャーマンスープレックス。そのままクラッチを離さずにレインメーカーを狙うが、丸藤が回避して虎王&トラースキックをお見舞い。最後はポールシフト式エメラルドフロウジョンを炸裂させ、オカダを葬った。

丸藤正道VSオカダ・カズチカ
画像出典元
NJPW
G1クライマック26

俺のナンバーワンはノアだから丸藤正道・オカダ・カズチカを撃破した丸藤の実力

その後オカダ・カズチカはG1クライマックス終了後、丸藤正道とIWGPヘビー級選手権を行う事となる。
KENTAもオカダ・カズチカ戦は、G1クライマックス優勝より大事な1戦。

オカダ・カズチカに勝利する事で、IWGPヘビー級のベルトに挑戦できる、権利を得る可能性も出てくる。
オカダ・カズチカの牙城をどう崩すか?
名勝負の予感がプンプンする。

あわせて読みたい記事