NXTハロウィン・ハボック、NXT女子王者防衛戦

NXTハロウィン・ハボックで再びNXT女子王者紫雷イオが
因縁キャンディス・レラエと防衛戦を行った

試合形式はスピン・ザ・ウィールで決まる。

 

運の強さを強調したキャンディス・レラエだが試合形式は?

 

NXT女子王者紫雷イオ、キャンディス・レラエとのハロウィン・ハボックでの試合はスピン・ザ・ウィールで決定

NXT女子王者紫雷イオ、キャンディス・レラエとのハロウィン・ハボックでの試合はスピン・ザ・ウィールで決定

スピン・ザ・ウィール

スピン・ザ・ウィールで決まる・ラダー&スケアーズに決定

NXT独自の演出・・・・

確かにNXTブランドは、確立されてる

紫雷イオVSキャンディス・レラエの試合形式は?

スピン・ザ・ウィール
画像出典元
(ⓒ2020-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.)

ラダー&スケアーズに決定

 

その名の通り、壮絶なはしご&恐怖な戦いとなった、ラダー&スケアーズ

ラダーマッチすなわちはしごを使って、ぶら下がってるベルトを奪ったものが勝利となる

その試合系式は、激しく相手をリング、リング外でKOしないと

登れない、女帝アスカが初めてSD女子王者となった試合が、ラダーマッチである。




減げしい試合展開が予想される、ラダーマッチその試合は恐怖との戦いはしごから突き落とされ
パイプ椅子での攻撃も待っている。

試合序盤は、紫雷イオのペースで進むも、次第にキャンディス・レラエペースにはいる

 

リングに巻き散らかる、パイプ椅子

このパイプ椅子が自らの味方にもなり、敵にもなる

 

得意のムーンサルトをパイプ椅子の上に寝転がるキャンディス・レラエに放つと

キャンディス・レラエがそれをよけて、誤爆のパイプ椅子の餌食となった紫雷イオ

 

いきおいを増すキャンディス・レラエは、パイプ椅子で紫雷イオを攻撃

次第にグロッキーとなる、謎の乱入者がキャンディス・レラエはをラダーに押し上げる

 

紫雷イオ万事休すと思わせた・・瞬間

謎の乱入者を排除したのが、9月に戦ったショッツィ・ブラックハート

キャンディス・レラエはラダーの上からベルトにあと一歩まで迫る

 

紫雷イオもラダーを用意してキャンディス・レラエとラダーの上で攻防するも突き落とされてしまい

まさに万事休す?

 

中盤になってまさかの苦戦を強いられる。解説席のノートパソコンで反撃され、月面水爆をかわされてパイプいすに自爆。さらにパイプいすでめった打ちにされたうえ、619もかわされ、ネックブリーカーでテーブルに叩きつけられてKO寸前となってしまった。 さらに、そこに謎のゴーストフェイスが乱入し、キャンディスをラダートップに運ぶ大ピンチ。しかし、ハロウィン・ハボックのホストを務めるショッツィ・ブラックハートが、ゴーストフェイスを攻撃してリング外に排除した。

しかしベルトを奪ったのは紫雷イオ

落とされたあと、下からキャンディス・レラエのラダーを倒し、キャンディス・レラエは場外に投げ出され

場外のラダーに激突KOとなり、戦闘不能になる

 

その隙にラダーに上り、ベルトを奪った紫雷イオ

NXT女子王座防衛となった。

壮絶なラダー&スケアーズを勝ち抜いた暗黒の逸女紫雷イオ

ラダー&スケアーズ
画像出典元
(ⓒ2020-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.)

 

あわせて読みたい記事