ベスト・オブ・スーパジュニア27・SHO高橋ヒロムから勝利

ベスト・オブ・スーパジュニア27で4人が同率首位となった。

ハイレベルな試合を見せる新日本プロレスベスト・オブ・スーパジュニア27

高橋ヒロムは同級生のSHOと対戦、序盤からバチバチのラリアット合戦から攻守入れ替わり

試合は進む、高橋ヒロムはコーナーのデスバレーから、TimeBombを何度も仕掛けるが

SHOは全く怯むことなく何度も高橋ヒロムに攻撃を繰り返す

SHO、高橋ヒロムから勝利
画像出典元
NJPW

SHOはアームドライバー、ショックアローを高橋ヒロムに決めて高橋ヒロムからピンフォール勝ちを奪って見せた

IWGPジュニアヘビー級王者石森太二より多くのメインを務める

高橋ヒロムから堂々のピンフォール勝ち

 

SHOは高橋ヒロムからの勝利にマイクパフォーマンスを苦手としながら

素直に勝利の喜びを口にした、そして改めて優勝宣言

SHOは勝ち点10でリーグ戦トップに並んだ。




エル・デスペラード、IWGPジュニアヘビー級王者石森太二撃破

IWGPジュニアヘビー級王者石森太二は、高橋ヒロムが王者より後のメインで試合する事をどう思ているのか?

IWGPジュニアヘビー級王者はジュニアヘビー級の頂点でなければならない

ジュニアヘビー級を牽引する高橋ヒロムを一歩リードするためには

 

苦手のエル・デスペラードから勝利を奪うしかない

エル・デスペラードは2020年もっとも存在感を出した新日本プロレスのレスラーの一人

石森太二は序盤エル・デスペラードの肩に標準を絞った攻撃で破壊

両者の動きはスピーディーでハイレベルな展開

 

どちらが勝利してもおかしくない状況で

ピンチェ・ロコ
画像出典元
NJPW

エル・デスペラードが石森太二とレフリーを衝突させる

ここが命運を分けた。

 

レフェリーが石森とコーナーのサンドイッチとなり、転倒してしまう。
 すかさずデスペラードは石森のヒザに低空ドロップキック。そしてベルトを手にし、石森に襲いかかる。だが、石森はジャンピングニーで迎撃。ここからブラディークロスを狙うも、レフェリーの様子を見ると技を解除。
 そして、ベルトを手にし、デスペラードに殴りかかろうとする。だが、これは気づいたレフェリーが阻止。すると、デスペラードがレフェリーの死角をついて、石森に背後からローブロー。さらにロコ・モノをヒットさせ、一気にピンチェ・ロコを炸裂。この一撃でデスペラードが価値ある勝利をゲット。
 これでデスペラード、石森共に5勝2敗に。

エル・デスペラードも高橋ヒロム、石森太二、SHOと並んで同率首位となり

4強となる。

マスター・ワトはBUSHIに敗戦優勝戦線から後退となる。

BEST OF THE SUPER Jr.27(ベスト・オブ・スーパジュニア27)マスター・ワト初出場、初優勝を狙う

しかし未だ予断は許さないベスト・オブ・スーパジュニア27

ベスト・オブ・スーパジュニア27決勝進出は?

残す試合は2となったベスト・オブ・スーパジュニア27

決勝に進む2人は誰に決まるのか?

IWGPジュニアヘビー級王者石森太二は、マスター・ワトとSHOとの対戦になる

石森太二、SHO共に直接対決重要な局面

 

高橋ヒロムは、田口隆裕とマスター・ワト

エル・デスペラードは、ロビー・イーグルス、BUSHI

BUSHIもまだ8点と決勝のチャンスはあるここも激戦は免れない

 

BUSHIとエル・デスペラードIWGPジュニアタッグの遺恨もありBUSHIとしては一矢報いたい所

SHOは上村優也、石森太二と取りこぼしは許されない

 

ここで注目は勝ち点8のマスター・ワト

 

マスター・ワトは石森太二、高橋ヒロムとの対戦を控えている

マスター・ワトが2人から勝利となれば、自らの優勝が見えてくる展開

全く予断を許さない展開のベスト・オブ・スーパジュニア27



あわせて読みたい記事