飯伏幸太とケニー・オメガIWGPタッグ王座へ弾み

飯伏幸太&ケニーオメガのゴールデンラヴァーズ
新日本プロレスロス大会で快勝

通算7度のIWGPヘビー級タッグ王者になっている
ヤングバックスと対戦。
ケニーオメガはBULLET CLUBでジ・エリートとしてヤングバックスとチームを作っていた。

同門対決である。
飯伏幸太は、NEW JAPAN CUP 2018優勝を目指していたがザックセイバーjrに敗戦。
巻き返しを計りたい飯伏幸太。ケニー・オメガとのタッグで勢いをつけたい所。
ここは絶対負けれない試合となった。

試合は、ケニーオメガのVトリガーとカミゴエの合体技がヤングバックスに炸裂。

「ゴールデン☆トリガー」で勝利を収めた。

ゴールデンラヴァーズ
画像出典元 東スポ

今年2月に約3年4か月ぶりに復活したGLと、7度のIWGPジュニアタッグ王座戴冠を誇る兄弟コンビYBによる、世界屈指の名タッグ同士の大一番。ケニーはYBとユニット「ジ・エリート」も結成しており、互いに手の内を知り尽くした両チームの超ハイレベルな攻防は35分を超える大激闘となった。

米国でも人気の高いオメガ、飯伏、ヤングバックスの対戦で、集まった4000人以上のファンを熱狂させた。飯伏がダメージが大きく控室で倒れているため、オメガが1人で会見。「右の目を負傷して、あんまりよく見えない」と苦笑いを浮かべ「4人とも一生懸命、戦った。勝敗なんて関係ない。ゴールデン☆ラヴァーズが勝ったけど、そんなことはどうでもいい。ファンがハッピーだったら、私もハッピーだ」と試合を振り返った。今後もゴールデン☆ラヴァーズの存続を明言。「飯伏はベストフレンド。今はポジティブなことに集中している。それはファンが1番ということ。一緒にいてくれて感謝している」と口にした。

内紛ベレットクラブの終結は?

ケニーオメガ
画像出典元 東スポ

Codyの言動をきっかけにBULLET CLUBでの内紛が始まる。
ケニー・オメガ派、Cody派と別れたBULLET CLUB。

ケニーオメガはどのように決着をつけるのか?
飯伏幸太とのゴールデンラヴァーズにどのような影響を与えるのか?
飯伏幸太のBULLET CLUB入りもある?


このBULLET CLUB分裂は後に、ケニー・オメガと飯伏幸太の運命を変えてしまう事になる。
ケニー・オメガ新日本プロレス退団からAWEの副社長へ

新日本プロレス世界戦略

WWEで王座目前の中邑真輔 WWE女子で無敗の女王アスカ。

スマックダウン(SD)女子王者のシャーロット・フレアー(31)に挑む無敗女王・アスカ(36=華名)は、かなり場末感満載の「自称・地元の新鋭」ジェイミー・フロストを右ハイキック一撃でKO。20秒ジャストの瞬殺劇で、王座奪取へ弾みをつけた

両者とも王座奪取となれば快挙となる。新日本プロレスも負けてはいない

日本では新日本プロレスブームを巻き起こしてる海外での新日本プロレス人気も絶大である。
現在は世界でプロレスが観戦できる状態。
新日本プロレスも有料動画新日本プロレスワールド
配信会員登録が11万まで増加。

海外でのオカダ・カズチカ・内藤哲也・獣神サンダーライガーなどの人気を
はじめ試合内容もオカダ・カズチカが言う未来のプロレス。

オカダ・カズチカVSウイル・オスプレーの試合は米国のファンもうならせる
米国ビックマッチ第二弾も完売
新日本プロレスは世界戦略を着々と進めている。

あわせて読みたい記事