オカダ・カズチカIWGPヘビー級王座V11なるか

オカダ・カズチカが大台の11防衛線に挑む

挑戦者は、NEW JAPAN CUP覇者

ザックセイバーjr

今回防衛を果たすと、棚橋弘至の持つ連続防衛記録に並ぶ

 

ザックセイバーjrは、NEW JAPAN CUPで

日本人4強

内藤哲也・飯伏幸太・SANADA・棚橋弘至を撃破して優勝

文句なしのチャレンジャーとなる

 

最近のチャレンジャーとは勝手の違う

ザックセイバーjrはサブミッションマスターという事である

オカダカズチカが、ザックセイバーjrの土俵で戦う事になれば

かなり分が悪い相手と言える。

 

オカダ・カズチカは短期決戦に勝機を見出すと言うが

NEW JAPAN CUPで敗れた相手も

長期戦に持ち込まれギブアップを取られている

長期戦を避けるオカダカズチカ

Sponsored Link
ザックセイバーjrを警戒

オカダカズチカVSザックセイバーjr
画像出典元 日刊スポーツ

ザックは大会前にオカダが優勝候補と予想した内藤哲也(35)を1回戦で破ると怒とうの快進撃でトーナメントを制覇した。王者も「ビックリしましたね。でもマグレ(で勝てるよう)なメンバーじゃない。ロス大会(25日)でも戦って、さすがNJC覇者だなと思いました」と、飯伏幸太、SANADA、棚橋と日本人トップを“4タテ”した挑戦者の実力を認めるしかなかった。

変幻自在な関節技に特化した独特なファイトスタイル

オカダ・カズチカがギブアップ負けをした相手は

現WWEの中邑真輔

2012年にレインメーカーとして凱旋帰国して以降、オカダからギブアップ勝利を奪ったのは、かつてキング・オブ・ストロングスタイルと呼ばれた現WWEの中邑真輔(38)1人のみ(15年のG1公式戦)。

 

変幻自在な関節技を繰り出すザックセイバーjr

このように、関節技に特化した選手は

最近では非常に珍しい

 

今回のオカダ・カズチカVSザックセイバーjr

の楽しみは、豪のオカダ・カズチカ

柔のザックセイバーjrの戦いという事だろう

 

最近のプロレスでは見れない

IWGPヘビー級戦が見れる可能性がある

サブミッションVSサブミッションなら

試合は地味な展開になる

しかし、オカダ・カズチカが仕掛けた技を

数多くのサブミッションで返すザックセイバーjr

の戦いが予想される

 

ザックセイバーjrがギブアップまで攻め込むか

オカダ・カズチカがレインメーカーでとどめを刺すか

楽しみな一戦である

 

 

Sponsored Link



ザックセイバーjrが狙うのは

ザックセイバーjrは、新日本プレスの

日本人の数々の野望を打ち砕いて

ここにたどり着いた

実力は本物である

 

内藤哲也戦では

内藤哲也
画像出典元 日刊スポーツ

 

サブミッションマスターの変幻自在な関節技に苦しんだ内藤は、20分過ぎにグロリアからフライングフォアアームを決め必殺のデスティーノを狙った。ところがこれを回避されると、そのまま再びグラウンドに引きずり込まれた。 右ヒザをIVニーロック、左ヒザをマフラーホールドで決める複合関節技「オリエンテーリング・ウィズ・ナパーム・デス」に捕らえられ、完全に動きを封じ込められた形でギブアップ。

狙うは史上初の英国人IWGP王者。

Sponsored Link


関連お勧め記事