女子プロレス電流爆破

 

正統派レスラーの紫雷イオの電流爆破が決定

3年連続女子プロレス大賞を受賞した紫雷イオ

 

プロレススタイルも正統派の女子プロ界のエースである

そんな正統派の紫雷イオに、電流爆破マッチが必要なのか?

電流爆破マッチは、大仁田厚がFMW旗揚げ後

全日本プロレスや新日本プロレスにはない邪道プロレスとして

 

起死回生の一手で行なった試合である

電流爆破マッチにおける、大仁田厚の強さは

他の追随を許さず

電流爆破マッチは人気を呼び邪道プロレスとして認知された

 

大仁田厚に触発された

レスラーが数多く電流爆破マッチに上がっている

その中には、長州力の名前もある

大仁田は現役引退まで

電流爆破マッチを継続し

爆破王のタイトルまで作った。

電流爆破マッチ大仁田厚

Sponsored Link
 




電流爆破マッチ賛否両論

電流爆破マッチを行う事で

怪我は免れないだろう

今女子プロレスエースに

電流爆破マッチは必要か?

紫雷イオ
画像出典元 東スポ

腹をくくった以上はどんなケガをしても文句は言いません。爆破バットを使わなくても勝てるけど、あえて自分から食らわせないといけないなって思っています。

 

大仁田厚が電流爆破マッチを始めた時

正統派では対抗できない

その手段として、電流爆破マッチをを行った。

 

爆破女王

女子プロレスのカリスマ長与千種が

邪道大仁田厚と電流爆破マッチを行った一戦で

大仁田は、長与千種に電流爆破マッチを継いでくれと訴えた

試合後、大仁田は「長与さんよ、俺の命の次に大事な電流爆破を継いでくれ!(新設される女子の爆破王座)爆女王を全力でやってくれ!」と訴えた。 すると、この試合が最後の爆破戦になることを示唆していた長与も呼応。「邪道姫は工藤めぐみだけど、2番目の邪道姫は長与千種です。私がこのチャンピオンベルトを今ここで巻いてもいいですか!? この爆破を一生懸命受け継ぎます!」と絶叫した。

 

長与千種が爆破マッチ女王になると同時に注目を集めた

女子プロレス界の電流爆破だが

電流爆破マッチを拒否し、長与千種から電流爆破マッチの試合要求を

無視続けた紫雷イオ

 

長与がスターダム電流爆破参入に不快感

長与の言葉は厳しかった。スターダムで初の爆破戦が浮上したことについて聞くと、開口一番「面白いよね。あれだけ『やらない』と言って、私は売名行為とまで言われたんだよ! コノヤロー! だよ。一

 

現在女子プロ界のトップに立つ紫雷イオがノーロープ有刺鉄線電流爆破マッチに挑む

中野たむ
画像出典元 東スポ

女子プロ界のエース・紫雷イオ(27)と組み、極悪軍団「大江戸隊」(花月、夏すみれ組)と激突する中野。決戦に向けて「技術もキャリアも4人の中ではどう見ても一段落ちてしまう。だから、これに懸ける生きざまを見せないと意味がない」と有刺鉄線バットを握り締めた。

 

女子プロレスASUKA

 

女子プロレス界が電流爆破マッチに挑むという事

それは、邪道の世界に入り込む事になる

現在、WWEでは日本人ASUKAが無敗の快進撃を続けている

 

日本人の女子プロレスが世界に通用すると証明しているのも事実である。

 

Sponsored Link
 



爆破バットを手にした花月はためらうことなくフルスイング。その瞬間、耳をつんざくような爆発音とともに、イオの体は激しい火花にさらされた。硝煙に包まれた会場には、ファンから悲鳴に近い「イオ!」の叫び声が上がるも、女子プロ界のエースはピクリとも動けない。そのままセコンド陣に背負われ、一度は控室に運ばれた。 これで数的不利になった中野が苦戦を強いられるも、10分後にリングに戻ったイオは覚醒モードに突入。大江戸隊を蹴散らすと、今度は中野が夏を爆破させることに成功。ここからイオは場外へのムーンサルトプレスやケブラーダなどで躍動して、最後は中野が夏を沈め勝利を決めた

電流爆破マッチ紫雷イオ
画像出典元東スポ

 邪道姫デンジャラスクイーン 工藤めぐみ

Sponsored Link


関連お勧め記事