キング・オブ・ダークネスEVIL誤算?

神宮球場で開催された、新日本プロレスIWGP2冠防衛戦

王者ののEVILが、宿敵で元盟友のロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也とIWGP&インターコンチネンタル王座をかけて戦った。

ニュージャパンカップ2020で、SANADA、オカダ・カズチカを立て続けに破り

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン脱退、バレット・クラブに加入、自身のパレハ

デック東郷を投入

IWGP&インターコンチネンタル王座となったEVILはキング・オブ・ダークネスEVILが正義と言い放った

キング・オブ・ダークネスEVIL、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者となる。

 

好き勝手に暴れるEVILは、話題を独占した。

優勝、裏切り、王座戴冠全てやりつくしたキング・オブ・ダークネスEVIL

EVILと内藤哲也との舌戦は、KENTAの時よりは盛り上がりにはかけた・・

 

内藤哲也は言い放った・・

否定的な発言をする際には自身の意見を付け加えるよう心掛けてきた。その自負があるからこそ「俺が神宮で負けたら『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに存在意義がない』って言ってたけど、なら逆の結果になった場合はその覚悟もあるんだよね? もし覚悟もなく安直な批判ばかりしているのであれば、やっぱり彼に2本のベルトは荷が重いということになるね」と言い放った。

 

KENTAはその辺がうまかったと、EVILを揶揄した。

もちろんEVILも反論したが、その発信力はKENTAには劣ったのは否めない

 

全てがうまくいったEVILには死角はないはずだった。

しかし王者になり、そこには新日本プロレスを背負う重責も存在する。

ファンは物足りない新王者EVILをそう見ていたのかもしれない。



常に注目をあびるIWGPヘビー級王者

しかし試合に勝てばなんの問題はない、かってのオカダ・カズチカは発信力が少なく

自らの口を封印、外道に全てをゆだねていた。

 

ベビーフェイスの棚橋弘至を的に回したオカダ・カズチカは

新日本プロレスの神である棚橋弘至に牙をむき

新日本プロレスファンを敵に回した。

 

しかしオカダ・カズチカは、棚橋弘至やAJスタイルズを倒し王者として君臨し続けた。

結果オカダ・カズチカは新日本プロレス最強と呼ばれるまでに成長した。

 

内藤哲也はEVILはベルトを取ることがゴールでは?とも言う

EVILにニュージャパンカップで敗戦したオカダ・カズチカもEVILにそっぽを向いたのも

EVILにとっては誤算かもしれない。

 

事態はロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのお家騒動となってまとめられ

バレット・クラブとロスインゴベルナブレス・デ・ハポンだけの世界観になってしまった。

新章を作るためには、内藤哲也を神宮球場で圧倒的に破り、EVILの存在感を示すしかない。

神宮球場で内藤哲也に敗戦したEVIL

キング・オブ・ダークネスEVILに新たな誤算?

EVILは内藤哲也との神宮球場大会で、IWGP&インターコンチネンタル王座の防衛に挑んだ

デック東郷や外道を投入、いつも通り試合を優位に進めて行くキング・オブ・ダークネスEVIL

 

自らの正義を貫くためには、相変わらず手段は択ばない

しかし、前哨戦では救出に来なかったロスインゴベルナブレス・デ・ハポンメンバー

SANADAやBUSHIが内藤哲也援護の救出に出てきた。

 

試合を振り出しに戻した内藤哲也は、ディステーノをEVILに決めて

IWGP&インターコンチネンタルのIWGP2冠を取り戻した。

 

勝たなければ正義を貫けなかった、キング・オブ・ダークネスEVIL敗戦

ストーリーはEVILから、内藤哲也奪還までのストーリーに書き換えられた瞬間であった。

人気ユニットロスインゴベルナブレス・デ・ハポンメンバーから脱退2冠王者のストーリーは一瞬で消えたEVIL

敗戦は明らかにEVILの誤算である。



試されるキング・オブ・ダークネスEVIL、バレット・クラブで生き残りをかける

ベルトを失った、キング・オブ・ダークネスEVILの展開に注目

棚橋弘至から、外道を投入して政権を掴んだ若き日のオカダ・カズチカ

 

オカダ・カズチカ政権を打破、自らの改革でヒール内藤哲也に変身ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを結成した内藤哲也

SANADAをロスインゴベルナブレス・デ・ハポンに加入させ

 

オカダ・カズチカからIWGPヘビー級王座を強奪した内藤哲也

俺だけが見える景色華麗なるモデルチェンジ内藤哲也新日本プロレス制圧

しかし両者とも、再戦では正統派スタイルに戻し敗戦するも

ファンの指示を集めていく事になる。

 

CHAOSオカダ・カズチカ、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也

この同じような流れを作ったのはキング・オブ・ダークネスEVILという事になる

 

再戦で敗戦したまでは同じ結果という事になる

当時のCHAOSのリーダーは中邑真輔、中邑真輔はオカダ・カズチカを自由にさせ自らがIWGPヘビー級に挑戦する事はなく、独自のインターコンチネンタル王者を築いていった。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也は、制御不能のカリスマと呼ばれるくらい

ファンに多くの事を発信していった。

 

多くの敵が内藤哲也に群がったのも内藤哲也の影響力の大きさを示す矢印となる。

 

バレット・クラブに加入したEVILは、バレット・クラブのトップとは言えない。

2020年新日本プロレス最強4人と言われるのは、オカダ・カズチカ、内藤哲也、飯伏幸太、ジェイ・ホワイトとなる

そのジェイ・ホワイトもバレット・クラブ

 

KENTAの存在感も大きく、ニュージャパンカップin USAでは優勝

 

ジョン・モクスリーのIWGP USヘビー級王座に挑戦が決まっている

海外組が日本に戻ってきた時にEVILがどれくらい存在感を出せるか

敗戦後の新章は存在するのか?

 

敗戦後ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのお家騒動を続けるならファンはの興味はなくなる可能性も・・

G1クライマックスが始まる、EVILの復活はG1クライマックス優勝しかない。

 

あわせて読みたい記事