ウィル・オスプレイとデビット・フィンレー対決

1993年生まれのウィル・オスプレイとデビット・フィンレー共に同じ世代でしのぎを削ってNEW JAPAN CUP 2021
ベスト4までたどり着いた。NEW JAPAN CUP 2021でウィル・オスプレイの強さは、もはや優勝候補筆頭と言ってもいいくらいの試合内容。
デビット・フィンレーも同じ世代のあのジェイ・ホワイトを破ってNEW JAPAN CUP 2021ベスト4
この2人が新日本プロレスに時代の変化を印象付けているのは事実。
NEW JAPAN CUP 2021 新時代到来。1人取り残されたトーア・ヘナーレ。
試合後ウィル・オスプレイはジェイ・ホワイトの敗戦とデビット・フィンレーの勝利に驚きを隠せなかった。
しかしデビット・フィンレーにはジェイ・ホワイトに勝てる確信があった。
今年は俺の年になると豪語、実際デビット・フィンレーは新日本プロレス4強と言われるジェイ・ホワイトを破り風穴をあけた。

ウィル・オスプレイがジェイ・ホワイトから勝利するのとはまた違うニュアンスを持つデビット・フィンレーの勝利。
ウィル・オスプレイはデビット・フィンレーを格下扱いにした。
デビット・フィンレーがジェイ・ホワイトに勝ったのか?
フィンレーおめでとう、しかし俺とジェイ・ホワイトでは次元が違うとお前のシンデレラストーリーも終わりだと言うウィル・オスプレイ




はたしてそれで終わるかは疑問だが、ウィル・オスプレイとデビット・フィンレーの対戦は見逃せなくなってきたのは事実。
デビット・フィンレーが新たな歴史を刻むか?
ウィル・オスプレイが、UNITED EMPIREに栄光をもたらすのか?

決勝へ行くのはウィル・オスプレイかデビット・フィンレーか?

デビット・フィンレー全くノーマークの選手がNEW JAPAN CUP 2021ベスト4に勝ちあがる、デビット・フィンレーの試合内容を見ていれば失礼な話と言える。
NEW JAPAN CUPが進むにつれて、進化するデビット・フィンレーまだG1クライマックにも出場経験のないデビット・フィンレー。
試合開始から、ウィル・オスプレイにタックルからテイクダウンを奪うデビット・フィンレー、ウィル・オスプレイは攻守逆転で反撃。
ハイフライヤーからパワーファイターに変化したウィル・オスプレイ、1週間しか違わない2人の誕生日。今後もライバル関係は続く。

デビット・フィンレーの動きがいいヤングライオンを経験しているデビット・フィンレー
ウィル・オスプレイのパワーがデビット・フィンレーを押し出す。デビット・フィンレーを格下に見るウィル・オスプレイ。
場外でわき腹をせめられるデビット・フィンレー、UNITED EMPIRE結成明らかに変化した、荒々しい攻撃のウィル・オスプレイ。

ウィル・オスプレとデビット・フィンレー
画像出典元
NJPW

ウィル・オスプレイが主導権を握りだす。やはり強いウィル・オスプレイ。
デビット・フィンレーに攻撃をさせないウィル・オスプレイ。
ピニングバックドロップで反撃するデビット・フィンレーヨーロピアンアッパーカットからプランチャー

ウィル・オスプレイのハンドスプリングをブルーサンダーで返すデビット・フィンレー、ウィル・オスプレイのスピードを利用した攻撃だがウィル・オスプレイも反撃オスカッターを狙うもエルボーで反撃するデビット・フィンレー。

遂には打撃戦に入る。ウィル・オスプレイがリバースDDT、エルボーパットをはずしたウィル・オスプレイがエルボーを狙う。
コーナー最上段からの攻防に入るとデビット・フィンレーは、ヨーロピアンアッパーカットから雪崩式ブレーンバスターここに来て格上も格下も無くなった。ウィル・オスプレイがジャックナイフから丸め込み。

試合を優位進め始めたデビット・フィンレーが、ここで勝負に出たジェイ・ホワイトから勝利を収めた必殺技、コーナーからのPrima Noctaを狙い、ウィル・オスプレイの首を抱えてコーナーへ向かうしかしウィル・オスプレイは、そのまま場外へ投げ捨てた。

明らかに危険な行為、レフリーセコンドがざわつく。
デビット・フィンレーは無事か?倒れて起きれないデビット・フィンレー。

場外に落ちたデビット・フィンレーにドクターが近寄るが、ウィル・オスプレイは試合続行を叫ぶ。足から転落したデビット・フィンレーは骨折?捻挫?怪我の具合が心配である。

デビット・フィンレー怪我
画像出典元
NJPW

もはや動けないデビット・フィンレー試合続行は不可能か?
レフリーに場外カウントを支持するウィル・オスプレイ、デビット・フィンレーはシューズの紐をゆるめられドクターチエック
無情にも場外カウントが進み万事休す。




ここでデビット・フィンレーがとった行動は、リングに帰還もはや立つことも困難なデビット・フィンレーに勝機はない。リングに帰るもウィル・オスプレイはデビット・フィンレーに足4の字さらに完全にリングシューズを脱がせるウィル・オスプレイ。
セコンドのジュース・ロビンソンがタオルを投げかけるがとどまる。

レスラー生命は大丈夫なのか?過酷な戦いのNEW JAPAN CUP ウィル・オスプレイとデビット・フィンレーの戦い。
一方的に攻められるデビット・フィンレー、ローリングエルボー連発をくらいとどめのオスカッターを狙うウィル・オスプレイ
そのオスカッターをデビット・フィンレーは、Prima Noctaで撃墜。さらに攻撃を続ける。コーナーからのPrima Noctaを狙うデビット・フィンレー。逆転勝利か?誰もがそう感じた。
だがウィル・オスプレイがパワーでデビット・フィンレーを引きずり自らの技、ストームブレーカーの体制に入りカウント3を奪い終結。

激闘を終えたウィル・オスプレは、デビット・フィンレーを認めながらもウィル・オスプレは次元が違うと自画自賛。
敗戦したデビット・フィンレーもウィル・オスプレは次元が違うと認めながらも、6年間新日本プロレスで戦いながらまだG1クライマックに出れてない。
G1クライマックを経験したら自分は更に強くなると自らを更に進化させる事を誓った。

NEW JAPAN CUP 2021の結果デビット・フィンレーは世界から注目されるレスラーとなった。
ウィル・オスプレイ〇VSデビット・フィンレー✖ ストームブレーカー

あわせて読みたい記事