WWE王座戦AJスタイルズVS中邑真輔

日本人初のWWE王座を目指した中邑真輔。
AJスタイルズに敗退。
中邑またもWWE王座奪取ならず。
AJスタイルズは、試合前中邑真輔は、勝っても負けてもWWEで、スーパースターになるだろうと予言した。

AJスタイルズVS中邑真輔
画像出典ディリースポーツ

新日本プロのIWGPインターコンチネンタルタイトルマッチ以来の再戦となった、AJスタイルズvs中邑真輔。

新日本プロレス東京ドームでは、中邑真輔が勝利。
解説者に蝶野は、会場が変われば結果は逆になる。そんな可能性があると言った。
その通りになった。

中邑はWWEマット初解禁となるランドスライドを決めるなど積極的に攻め立てる。AJのフェノメナール・フォアアームをカウント2で返すとスワンダイブ式火の鳥弾は剣山で迎撃して反撃を食い止め、後頭部へのキンシャサ・ニー・ストライクからヒザを連射していく。 さらにリバースパワースラムでAJを投げ飛ばした中邑は、ここで勝負に出る。しかし満を持して繰り出した必殺のキンシャサをかわされると、そのままAJに捕らえられ、悪夢のスタイルズクラッシュを被弾。まさかの逆転3カウントを許し、祭典での王座奪取を逃してしまった。

中邑真輔ヒール転向

IWGPインターコンチネンタル王座戦試合後
中邑真輔の差し出した拳に、AJスタイルズが迎えたシーンは感動した。

中邑真輔。
AJスタイルズと中邑真輔。

今回の中邑真輔。お互いにリスペクトしてるもの同士の戦いがのはず?

試合後中邑真輔はAJスタイルズに、急所攻撃。
場外での、ボマイェ(キンシャサ弾を浴びせAJをKO)
会場からブーイングを浴びた。
中邑真輔もWWEで、オーラを放ち始めた。
今では今、米国で一番有名な日本人」となった中邑真輔。

WWEはスポーツの要素より
エンターテインメントスポーツ。世界最大のエンターテインメントプロレスがWWEである。
この要素が人気の秘訣となる。

ストレスを作る中邑真輔。
日本人で中邑真輔は、エンターテインメントを最大に出せるレスラーである。
AJスタイルズが、試合に勝っても負けても中邑真輔はスーパースターになる
その言葉には間違いはないと思う。

日本人がまだ届かない
WWEの王座の再チャレンジロードが始まる。

WWEアスカを中心に 女子WWE遺恨勃発。 喧嘩を売った相手は?

あわせて読みたい記事