スターダム退団紫雷イオ

女子プロレス界の至宝紫雷イオが、スターダムを電撃退団

プロレス大賞を3年連続受賞

 

スターダムの白のベルトワンダー・オブ・スターダム連続防衛記録

自他ともに認める、人気・実力の紫雷イオ

スーパースターである紫雷イオ

 

先日行われた、ワンダー・オブ・スターダム選手権で渡辺桃に敗退

次の展開が期待されていた

なんと電撃退団する事になった。

紫雷イオ
画像出典元 東スポWEB

紫雷イオ敗退ワンダー・オブ・スターダム選手権

女子プロレス界の至宝が、ついに日本を離れる。複数の関係者の情報を総合すると、イオはスターダムを退団する決意を固めた。既に世話になった関係者らに連絡を入れ、23日の東京・後楽園ホール大会直前には所属選手たちにも伝えられた。

紫雷は、07年にデビューし、12年にスターダムに正式入団した。女子プロレス大賞を3年連続受賞するなど、国内女子のトップとして活躍。スターダムでは、ワンダー・オブ・スターダムなど団体の全タイトルを史上初めて獲得している。

 

紫雷イオは、宝城カイリがWWEに移籍前に

WWEを視察していたと言う

しかし、2017年宝城カイリがWWEに移籍・紫雷イオは移籍とまではいかなかった。

ワンダー・オブ・スターダム選手権敗退後

紫雷イオはこう語った。

「正直言って、この結果をすんなり受け止めたくない。だけど私がベルトを守ってきた覚悟より、桃の決意が上回った結果だと思う。人生をかけて守ったベルトなので、これまで以上に輝かせてください。私は私なりの方法で、頂点を目指します」と語った。

 

頂点を目指すそれは、WWEに移籍して日本人として2人目のWWEチャンピオンを目指すという事

 

WWEで日本人として、チャンピオンになった女子プロレスラーは長与千種でもなく、豊田真奈美でもなく

ブル・中野である、巨漢レスラーであったブル・中野はヒールとしてWWEの頂点に立つ

ブル・中野
画像出典元全日本プロレス女子

 

Sponsored Link
 




長与千種&ライオネス飛鳥のクラッシュギャルズで女子プロレスブームを起こすと

極悪同盟なるダンプ松本の中でブル・中野の存在はあった。

体を巨漢にするとその実力は、ダンプ松本を凌ぐ勢いになり

 

クラッシュギャルズの天敵となった。

全日本プロレスに所属しながらWWEに挑戦

WWE女子のチャンピオンを獲得した。

 

ブル・中野
画像出典元 WWEクラッシック

WWE日本人選手の活躍

 

日本人のWWEと言えば、中邑真輔の活躍は素晴らしい物がある

新日本プロレスを立て直し、カリスマ性を身に付け

中邑真輔のプロレスを確立し、オカダ・カズチカにCHAOSを託し旅立った中邑真輔 

 

オカダ・カズチカも順調に成長し、今ではIWGPヘビー級防衛記録まで樹立した。

その中邑真輔も、AJスタイルズとの抗争を連発

WWE王座獲得が近づいている。

中邑真輔まさに、WWEの主役と言っても過言ではない。

 

日本のスタイルをそのままWWEに持ち込んで成功している

現在ヒールに転向

中邑真輔
画像出典元 WWE

現在WWE女子の日本人選手と言えば

ASUKAである、デビュー以来破竹の267連勝をしたASUKA

ASUKAの活躍を誰が予想しただろうか

紫雷イオは紫雷姉妹としてデビューしトリプルテイルズを姉、ASUKA「華名」結成

雷イオトリプルテイルズ電撃デビュー

 

ASUKAとは、袂を分けたがお互いに成功している両者

また紫雷イオがWWE移籍となれば接点が見いだせる事になる

 

ASUKAは日本人が強いわけではなく、WWEに融合した強さが必要と言う

紫雷イオがWWEに移籍した後どのような活躍をするか楽しみでもある

 

また宝城カイリも、「メイ・ヤング・クラシック」で優勝

日本人選手の活躍が目覚ましい。

相次ぐ日本人レスラーのWWE移籍=2015年10月にはフリーで活躍していたアスカ(36=華名)がWWE・NXTでデビューし、翌年4月にはNXT女子王座を獲得。昨年10月にはロウで一軍デビューを飾り、今年4月の祭典「レッスルマニア34」では、当時のスマックダウン(SD)女子王者シャーロット・フレアー(32)への挑戦を実現させた。 この試合で敗れデビューからの連勝記録は「267」でストップしたが、次回の日本公演2日目(6月30日、東京・両国国技館)ではトリプルスレッド形式によるSD女子王座戦出場が決まっている。 また昨年6月に移籍したカイリ・セインは同9月、WWE史上初の女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」で優勝。同11月にはNXT女子王座戦に臨むも、ベルト奪取はならなかった。男子では“黒いロックスター”中邑真輔(38)が突出した活躍を続けており、WWE王座(現王者はAJスタイルズ)に王手をかけている。イオがWWE挑戦を果たすとすればどんな形になるのか、注目される。

 

日本だけではなく、世界でも注目を集める現在のプロレス界

新日本プロレス棚橋弘至も、WWEに挑戦もまた一つの手段である

棚橋弘至なら、まだ輝けると感じてしまう。

 

Sponsored Link


 

日本女子プロレス界の至宝が世界に飛び出し

ASUKAや宝城カイリと共に新しい時代を作るか

クラッシュギャルズ以来の女子プロレスのブームは起きていないが

この3人なら新しいムーブメントを起こせるやもしれない。

関連お勧め記事