ケニー・オメガVSCody

バレットクラブでリーダー争いをしていたケニー・オメガとCody

ケニー・オメガがIWGPUSヘビー級王者陥落後

 

ケニー・オメガを襲ったCody

ケニー・オメガも、飯伏幸太とゴールデンラヴァーズを再結成

オカダカズチカを無制限3本勝負で撃破、念願のIWGPヘビー級王座を獲得と

快進撃のケニー・オメガ

Sponsored Link



今更、Codyとの対戦も興味がないが、避けては通れない相手である。

新日本プロレスのサンフランシスコ大会で防衛戦に望んだケニー・オメガ

 

防衛戦の相手に遺恨精算とばかりにCodyを指名した

Codyも実力者ゆえに負けたらケニー・オメガの野望も消えゆく

しかし、勢いにのるケニー・オメガはCodyを退けた。

 

ケニー・オメガ初防衛
画像出典元 日刊スポーツ

内紛続くバレットクラブのリーダー争いを繰り広げたCodyとの決着戦は、まさに大荒れの展開となった。テーブル(机)、ラダー(ハシゴ)、チェア(イス)全てが凶器として登場した、事実上の「TLCマッチ」は王者の庭と思われたが、Codyが脅威の対応力を発揮。ケニーはラダー最上段からの雪崩式ブレーンバスターを浴びて窮地に陥ってしまう。 それでもヒザ蹴りの連打で主導権を奪い返すと、場外テーブル上への投げ捨て式パワーボムを発射。最後はVトリガー2連発から片翼の天使を決め、34分14秒の激闘に終止符を打った。

 

バレットクラブ内紛終了?

Codyとの決着がついたところで

手を差し伸べたケニー・オメガ

和解ムードを演出したが、花道でタマ・トンガが襲撃

 

新たな火種ができたバレットクラブ

再び内紛をおこすバレットクラブ

新たな展開のバレットクラブだが10年越しの夢を叶えた

 

ケニー・オメガにはIWGPヘビー級王座として立ち止まる事は許されない

オカダ・カズチカが2年の間守り続けた王者の重圧がケニー・オメガにも圧し掛かる。

Sponsored Link


あわせて読みたい記事