WWEペイ・パー・ビュー

WWEではおなじみのPPV大会レッスルマニアなど・・
スーパースター達が出そろう大会。有料放送で見ると言うもの。

そのPPV大会を女子プロレスだけで行う事が発表された。
WWE女子PPV大会『エボリューション』
日本人選手では、WWEの女帝アスカの参加は決定。

当然大会の試合内容や、パフォーマンスが重要となる。
アスカに関しては今年も女帝の貫録は十分である。

1月には中邑とロイヤルランブル日本人W制覇の快挙。WWEに歴史を刻みこんだ。
4月にはSDに昇格。中邑真輔と同じブランドになった。
6月には貧弱男と一騎打ちを行い。女帝アスカの勢いは健在である。

WWE女帝アスカ
画像出典元 東スポWEB

2017年宝城カイリがWWEに参戦。アスカは、余裕のコメント。

この日を心待ちにしていたのがアスカだ。公演前のインタビューで、日本人選手の加入について「歓迎しています。私には引っ張っていかないといけない責任感がある」と語った。もちろんその視線の先にいるのはカイリ。今後、WWE移籍の可能性が高い紫雷イオも頭に入れているのかもしれない。

当然、実績があるカイリはライバルになる可能性もある。だが「今のところ脅かされる気持ちにはなっていない。私には今までやってきた自信があるし。それに今やらなければならないことがあるので、応援、助け合う気持ちのほうが強い」とプライドをのぞかせた。

大会にはロウ、スマックダウン、NXT、UKのWWE王座戦が行われる

ほかにも元UFC世界女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(31)、ロウ女子王者アレクサ・ブリス(26)、SD女子王者カーメラ(30)、無敗の女帝アスカ(36=華名)、女王様シャーロット・フレアー(32)、大型女ナイア・ジャックス(34)、殿堂入りしているレジェンドディーバのトリッシュ・ストラタス(42)、リタ(43)の参戦も決定している。

スターダムを退団しWWEに移籍した紫雷イオ。

一方スターダムを退団しWWEに移籍した紫雷イオの参戦。
「メイ・ヤング・クラシック2018」の決勝がこの大会で行われる事になった。
8月から始まるこのトーナメントに参加が決まった日本のスーパースター紫雷イオ。

トーナメントで勝ち上がる事がWWEのスーパースターの道となる。
昨年の同大会2017年メイ・ヤング・クラシックでは、宝城カイリ事セイン・カイリが出場し優勝している。

いきなり、紫雷イオがビッグチャンスを掴みに行く事になった。
日本人2連覇に注目が集まるこのトーナメントに勝ち進み
女子スーパースターのみによるPPV大会『エボリューション』に参加できるか?

トーナメント決勝戦で参加を決める事が出来れば?
WWEファンに、紫雷イオの存在をアピールできるチャンスでもある。
ビックチャンス到来でもある。

天空の逸女紫雷イオが優勝を狙う。
カイリ・セインも8月にNXT女子王座戦が決定。
メイ・ヤング決勝で現NXT女子王者シェイナ・ベイズラーに勝利し優勝。

その後シェイナ・ベイズラーとのタイトルマッチで敗戦した。
しかし、またしても王座戦が舞い込んできたカイリ・セイン
チャンピオンとなってエボリューションに参加する。こちらも注目の1戦である。

日本を飛び越えスーパースターを目指す
女帝アスカ
天空の逸女紫雷イオ

海賊姫カイリ・セイン

WWE アスカ&シャーロット・フレアー初黒星、リック・フレアーの裏切り

あわせて読みたい記事