女帝アスカエボリューション大会に向けて始動

NXTで活躍する、カイリ・セインを始め

NXT所属になった、紫雷イオ

2018年メイヤングクラッシックトーナメントに参加している、里村芽衣子

 

WWEに日本人女子が数多く参戦、激闘を見せ日本人女子プロレス界のレベルの高さを見せる。

 

紫雷イオ参戦時、WWEのリングから遠ざかるよう姿を見せなかった、女帝アスカ

メイヤングクラッシックトーナメン決勝を含め、WWE女子だけで行われるエボリューション大会

 

アスカの存在はなくてはならない存在になっていた。

その女帝アスカが元スマックダウン女子王者のナオミと共闘し本格的に始動し始めた。

 

 

WWEアスカ
画像出典元 アスカInstagram

WWE女帝アスカInstagram

アスカは先週大会で元SD女子王者のナオミ(30)との結束を確認し合ったばかり。まずはナオミがド派手なライティングの下、黄色い衣装で踊りながら登場。蛍光色のセリーナ・ウィリアムズといった趣の貫禄すら感じる。その後に髪を半分ナオミと同じ緑色に染めたアスカがリングイン。この2人は完全にチームとして固定したようだ。 ゴングが鳴ると、アスカはキーキーとうるさい叫び声を上げるビリーの長い足を生かした蹴りに押されるも、エクスプロイダーを未然に防ぐ。そのままアスカロックでタップを奪い、わずか2分で勝負を決めた。両チームは10月6日「スーパー・ショーダウン」(オーストラリア・メルボルン)でのタッグ対決が決まっており、アスカ組が前哨戦を制した形だ。約1か月も戦線を離れていた女帝だが、ようやくSD女子の最前線に復帰した。

アスカの動向に注目を集め心配していたファンも多く

アスカがエボリューション大会に参加するのか?と不安視される一幕もあった。

しかし、女帝アスカがスマックダウンにいる事でさらにエボリューション大会はもり上がる。

Sponsored Link




メイヤングクラッシックトーナメン2018結果

情報発信が乏しいメイヤングクラッシックトーナメン

里村芽衣子が1回戦を突破など、日本人選手の活躍が伝わってくる

紫雷イオの結果は、WWEや本人からも発信がないままである。

日本のスーパースター天空の逸女紫雷イオはメイヤングクラッシックトーナメンでも快進撃・・
エボリューションでも天空の逸女紫雷イオが見れそうである。

Sponsored Link



あわせて読みたい記事