SUPER Jr. TAG LEAGUE開幕

新日本プロレスSUPER Jr. TAG LEAGUEが開幕。
IWGPジュニアタッグチャンピオン金丸義信&デスペラード。
昨年覇者、ROPPONG3KSHO&YOHと優勝候補。

注目のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン新パレハ鷹木信悟。
BUSHIと組んでSUPER Jr. TAG LEAGUEに参戦。ROPPONG3KSHO&YOHと対戦。
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン新パレハの鷹木信悟にとっては、大事な一戦となる。
新日本プロレスのファンにアピール出来るか。

注目の「ザ・ドラゴン」がいきなり魅せた。新日本プロレス「スーパージュニアタッグリーグ」が16日、東京・後楽園ホールで開幕し、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)に新加入した鷹木信悟は、BUSHIとのコンビで白星発進した。かつてセルリアンブルーのマットに名をとどろかせた「2人の龍」超えの誓いを胸に、新天地での初勲章を狙う。 圧巻だった。昨年同時期に行われたジュニアタッグトーナメントの覇者「ロッポンギ3K」(YOH、SHO組)を相手に、鷹木とBUSHIは初タッグとは思えぬ好連係を披露した。 最後は鷹木がパンピングボンバーからのラスト・オブ・ザ・ドラゴン(変型ドライバー)でYOHを沈めると「俺がやるべきことはただ一つ。結果を残すことだ」と豪語。リング上に登場した内藤哲也らLIJメンバーと勝利を分かち合った。

鷹木信悟は必殺技、ラスト・オブ・ザ・ドラゴン自ら勝利を勝ち取った。

ラスト・オブ・ザ・ドラゴンで
画像出典元 東スポWEB

鷹木信悟2人の龍

新日本プロレスの元社長でもあるが、選手時代はドラゴン殺法で試合を沸かせた。
現在、棚橋弘至が使っているドラゴン・スクリューやドラゴン・スープレックスは藤波辰爾が開発した技である。
長州力と日本人対決は現在の日本人対決の支流を作った。
現在も現役で、日本人2人目のWWE殿堂入りレスラーである。

2人目は天龍源一郎。全日本プロレスで活躍。
長州力やジャンボ鶴田と激闘。全日本プロレスにレボリューション革命を起こした。
3冠ヘビー級を巡ってジャンボ鶴田死闘を展開四天王プロレスの布石を作った。

メガネスーパーの団体SWSに移籍フリーになってからは
武藤敬司や高田伸彦など夢のカードを実現。
武藤敬司からIWGPヘビー級チャンピオンのベルトを奪った。
全日本プロレス3冠ヘビー級と新日本プロレスIWGPヘビー級のチャンピオンベルトを巻いた。

引退試合は、オカダ・カズチカと行い壮絶に散った。
ミスタープロレスと呼ばれる天龍源一郎。

プロレス界を揺るがした天龍源一郎

2人の龍に敬意を表して、新日本プロレスに上がる鷹木信悟。

新天地で名乗る「ザ・ドラゴン」の異名には、古巣のドラゴンゲートで培った魂を背負う覚悟が表れている。ただし新日プロの歴史において「ドラゴン」といえば“炎の飛龍”藤波辰爾(64)と“風雲昇り龍”天龍源一郎(68)の2大巨頭のイメージが圧倒的だ。 そこで律義な一面もある鷹木は新日マット参戦前に「龍」を名乗る上で2人に断りを入れ、了承を得た。今年、リング上で対戦した藤波からは「頑張ってね」と直々にエールも受けた。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン集結

BUSHI&鷹木の勝利を見届ける内藤哲也。
リングにロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーが集結した。
内藤哲也も新パレハの鷹木信悟が認知されるか?
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの運命を握る1戦という位置付けであろう。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン集結
画像出典元 新日本プロレス

内藤哲也の粋な計らいで会場はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン一色となった。

あわせて読みたい記事