Sponsored Link



メイヤングクラッシックトーナメン2年連続日本人優勝へ

WWE紫雷イオがメイヤングクラッシックトーナメン優勝への階段を上がった。

天空の逸女紫雷イオが、スターダムを退団しWWEへ移籍

 

狙うはメイヤングクラッシックトーナメン優勝

メイヤングクラッシックトーナメンに参加した紫雷イオは

昨年優勝の、宝城カイリ事カイリ・セインに続けとばかりに日本人2連覇を目指す。

里村芽衣子も参戦したメイヤングクラッシックトーナメン

里村芽衣子との対戦は、準決勝となる。

 

天空の逸女紫雷イオVS日本女子プロレスの横綱と呼ばれる里村芽衣子との対戦がWWEメイヤングクラッシックトーナメンで実現か?

しかし、里村芽衣子はまさかの準決勝敗退となった。

紫雷イオは順調に勝ち進み決勝へ日本人連覇で日本人女子レスラーのレベルの高さを見せる。

 

Sponsored Link




1回戦

ザイア・ブルックサイド

 

ムーンサルトでフォール勝ち

紫雷イオムーンサルト
画像出典元 WWE

2回戦

セウシス

 

天空の逸女”紫雷イオ(28)が、プエルトリコ出身の覆面ルチャドーラ・セウシスを撃破。準々決勝に進んだ。「世界に自分の名前を知らせるチャンスですね」と試合前のインタビューに笑顔で答えていたイオはその言葉通り、開始から一気に仕掛けた。会場は「レッツゴー・イオ!」の大コール一色。もはやホームリングそのものだ。大声援を背にしたイオはいきなりドロップキックでセウシスを場外に吹き飛ばして先制する。

 

WWE紫雷イオ
画像出典元 WWE
東スポWEB

3回戦デオンナ・パラッツォ

フォール勝ち

4回戦リア・リプリー

フォール勝ち

紫雷イオVSリア・リプリー
画像出典元
WWE
画像出典元WWE

決勝戦

トニーストーム

スターダム黄金カードがメイヤングクラッシックトーナメン決勝となった。

WWEの女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック2018」準決勝が24日(日本時間25日)放送され、“天空の逸女”紫雷イオ(28)が、初代NXT・UK女子王者のリア・リプリー(22)に逆転勝利。元ワールド・オブ・スターダム王者のトニー・ストーム(22)が女子プロレス界の横綱・里村明衣子(38)を撃破したことで、日本が誇るかつてのスターダムの黄金カードが、決勝戦で再現されることになった。

イオは「絶対に私が世界一になる! サンキュー・ソー・マッチ!」と絶叫。

NXT女子王者盟友カイリ・セインの祝福を受けた。

Sponsored Link




天空の逸女紫雷イオは世界一になれるか?

まさかの里村芽衣子の敗戦だが

スターダムの黄金カードトニー・ストーム戦をエボリューション大会世界へ発信する紫雷イオ

メイヤングクラッシックトーナメンで優勝の次に待つものは?

 

カイリ・セインとのNXTチャンピオンベルトをかけた盟友同士の戦いが始まる?

女帝アスカからカイリ・セイン、そして紫雷イオと日本人女子レスラーの快進撃は続く。

ビューティーペアからクラッシュギャルズで女子プロレスブームを作った。

 

長与千種が里村芽衣子に伝えたプロレス

1994年ブル・中野がWWE女子のチャンピオンになった事実

 

その後日本人女子プロレスは衰退したと言われていた。

華名事スーパースターとなった女帝アスカはWWEに渡り無敗連勝の快進撃を続けRAWに昇格スマックダウンに移籍した。

WWEで活躍する日本人女子レスラー達が増えた。

 

女帝アスカVS天空の逸女紫雷イオの対決も実現するやもしれない。

かってトリプルテイズでアスカとユニットを作っていた紫雷イオ

そのためには紫雷イオのメイヤングクラッシックトーナメン優勝は必衰でもある。

 

女帝アスカ(華名)&天空の逸女紫雷イオのトリプルテイズ

Sponsored Link



関連お勧め記事