NEVER無差別級王座ナンバーワン・コンテンダーマッチ

ウィル・オスプレイ VS タイチ
ジュニアヘビー級からヘビー級へ転向した前NEVER無差別級王者タイチ。
ベルトを保持していた頃ジュニアヘビー級のウィル・オスプレイからタッグマッチながらピンフォールを奪われた。
ウィル・オスプレイはタイチの保持している、NEVER無差別級のベルトを挑戦を表明。
NEVER無差別級初挑戦が決まったウィル・オスプレイ。

しかしウィル・オスプレイは、イギリスの試合で怪我欠場となり
NEVER無差別級王座挑戦は流れた。
タイチも後藤洋央紀からNEVER無差別級王座を奪われ現在は無冠。

復帰したウィル・オスプレイに与えられたチャンスは、タイチとのNEVER無差別級王座ナンバーワン・コンテンダーマッチ。
勝利したものが2019年東京ドーム大会でNEVER無差別級王座に挑戦。
反則もお構いなくやるタイチ、川田利明ばりの技をしのいで、ストームブレーカーでタイチを仕留めたウィル・オスプレイ。
東京ドーム大会でのNEVER無差別級王座挑戦が決まった。
復帰したウィル・オスプレイはNEVERのベルトの挑戦をかけて、前王者タイチと対戦した無差別級王座ナンバーワン・コンテンダーマッチ

オスプレイがコールを受けると同時にタイチがマイクスタンドを持って急襲。肋骨の骨折で欠場したオスプレイはテーピングを巻いた右の脇腹を抱えて悶絶。しかし、続くタイチの攻撃を後転して足を突き上げて投げ飛ばす。そしてエルボーで攻め込んだオスプレイ。
ならばとタイチは場外に逃げ出し、場外戦を誘う。しかし、オスプレイは鉄柵に投げられながらもそれを飛び越えると、スワンダイブで飛んでフライングフォアアームだ。リングに戻るとタイチはまたも場外に逃げる。しかし、オスプレイはすかさずトペ・スイシーダで追い打ちだ。
もう一度タイチをリングに戻したオスプレイはスワンダイブ式で飛ぼうとする。しかし、タイチはレフェリーをロープにぶつけて、その衝撃でオスプレイをロープから落下させることに成功。そして改めて場外でオスプレイを襲い鉄柵に投げつける。

NEVER無差別級選手権ウィル・オスプレイ
画像出典元
新日本プロレス

背後からトラースキックを食らわし、トドメのストームブレイカー! 3カウントが入り、オスプレイがNEVER王座の次期挑戦権を獲得した。




飯伏幸太NEVER無差別級王座獲得

NEVER無差別級王座後藤洋央紀から、挑戦者に指名された。
飯伏幸太は拒否。飯伏幸太、Twitterで指名拒否。
G1クライマックで準優勝した飯伏幸太の次なる始動は、NEVER無差別級となるのか?
タッグパートナーのケニー・オメガがIWGPヘビー級王者となれば、飯伏幸太も何らかのベルトは欲しい所だが。

飯伏幸太に拒否された後藤洋央紀は、飯伏幸太との対戦をあっさりとあきらめてしまう。

そうなると今度は飯伏幸太の方から逆アプローチ。
飯伏幸太は何故?諦める?自らが拒否したにもかかわらずその発言。
今度は自ら後藤さんやりましょうと飯伏幸太の方がやる気になる。
後藤洋央紀の策略にはまった?宇宙人と言われる飯伏幸太の気が変わったのか?

結果は後藤洋央紀VS飯伏幸太NEVER無差別級タイトルマッチ決まる。
試合が決まると一転NEVER無差別級王座奪取を宣言した飯伏幸太。
NEVER無差別級王者に興味がないと思わせといて一転心変わりした発言。
いまいち分からないのは今も昔も変わらない飯伏幸太

さらには、NEVER無差別級をIWGPと同じ地位に持ち上げると宣言。
飯伏幸太の柔軟性と言うかハチャメチャな心変わりを見た。
後藤洋央紀VS飯伏幸太は激戦となった。

試合は、実力者同士の両者、中堅どころに甘んじてる飯伏幸太と後藤洋央紀だが凄まじい技の攻防。
後藤洋央紀も再びIWGPへチャレンジして欲しいものだ。

後藤洋央紀VS飯伏幸太
画像出典元 新日本プロレス
東スポWEB

新日本プロレスの岩手大会(9日)で行われたNEVER無差別級選手権は、挑戦者・飯伏幸太(36)が王者・後藤洋央紀(39)を撃破し、第22代王者に輝いた。 コーナートップ上からの三角飛びケブラーダで制空権を奪った飯伏は、後藤の必殺技GTRを回避し攻勢に出る。背後に回って後頭部へのヘッドバットを決めるが、両腕を捕らえてクロスアームジャーマンを狙ったところでヘッドバットの逆襲を許してしまう。 それでも2発目の頭突きにカウンターのヒザを合わせて形勢逆転に成功。再度両腕をつかむと、王者のお株を奪うヘッドバットからカミゴェにつないで激闘に終止符を打った。

飯伏幸太はNEVER無差別王座初戴冠。

CHAOSのの後藤洋央紀はNEVER無差別級のベルトを失った。
ゴールデン☆ラヴァーズの飯伏幸太は、G1クライマックス準優勝の勢いのまま後藤洋央紀を下した結果となった。
試合を終えた後藤洋央紀は無言

勝者の飯伏幸太は後藤洋央紀の対戦に感謝を表した。

NEVERのベルトを獲りました。でも、ベルトもそうですけど、後藤さんとやれたのが、まあ、あの流れでね。後藤さんとやれたのが、やっぱ、自分の中では一番うれしいというか。でも、次やったら(結果は)わからないです。

試合のなかったケニー・オメガは飯伏幸太のセコンドに付き
飯伏幸太はNEVER無差別級タイトル獲得を喜んだ。
ケニー・オメガは、棚橋弘とのIWGPヘビー級選手権を東京ドーム大会で行う。
飯伏幸太もNEVER無差別級選手権がレッスル・キングダムin東京ドームが決定した。

この結果NEVER無差別級王者飯伏幸太VSウィル・オスプレイの東京ドーム大会での決戦が決まる。
ハイフライヤー対決でウィル・オスプレイは、飯伏幸太を倒しNEVER無差別級王者となる。

あわせて読みたい記事