G1クライマックス覇者飯伏幸太権利証防衛戦は

G1クライマックス覇者飯伏幸太

鹿児島決戦

権利証防衛の行方は?

 

G1クライマックス公式戦で敗れたKENTAの防衛戦

KENTAはG1クライマックス後NEVER無差別級石井智宏から強奪

 

勢いはKENTAか?

ここ数年G1クライマックス覇者が防衛戦に失敗した事はない

しかし今回KENTAはバレット・クラブを総動員で飯伏幸太から

権利証を奪いに来る

KENTAのいきなりの奇襲から試合がスタート

バレット・クラブ介入を予想していた飯伏幸太であったが

飯伏幸太権利証防衛戦
画像出典元
NJPW

予想通りタマ・トンガ、タンガ・ロアが乱入

その後も執拗な左足攻め、極悪軍団バレットクラブのタマ・トンガ、タンガ・ロア組の乱入と、ありとあらゆる手で苦しめられる。それでもゴー2スリープをキャッチして阻止すると、強烈なヒザ蹴りを顔面に叩き込み形勢逆転。最後はカミゴェ2連発で乱戦に終止符を打った。

G1クライマックス覇者の実力を見せた飯伏幸太

新日本プロレス頂点へまた一歩近づいたことになる

 

 

速報飯伏幸太がカミゴェでG1クライマックス公式戦の雪辱を果たす

飯伏幸太が防衛
画像出典元
NJPW

 

 

次期挑戦者にEVIL決定

2107年まで1試合であったG1クライマックス覇者に贈られる

IWGPヘビー級王座挑戦権利証

昨年覇者棚橋弘至が、G1クライマックスで引き分けたオカダ・カズチカと

敗戦したジェイ・ホワイトと防衛を果たし、レッスルキングダムメインへ行った。

 

飯伏幸太が、G1クライマックス公式戦で敗戦した選手は

KENTAとEVILである。

 

EVILは、KENTA戦が終わるとリングに登場挑戦をアピールした。

飯伏幸太も、堂々とレッスルキングダムメインへ上がるには

 

EVILと再戦勝利して上がると宣言

権利証防衛戦が決定した。



あわせて読みたい記事