IWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイトNJC優勝者を迎え撃つ

棚橋弘至を撃破IWGPヘビー級のベルトを巻いた若き王者ジェイ・ホワイト

無差別級NEVER王者ウィル・オスプレイと激闘

ウィル・オスプレイを一蹴した。

ジェイ・ホワイトWタイトルマッチ要求
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

32人で争われるNJC『NEW JAPAN CUP』トーナメント形式で争われる

春のG1優勝者はマジソン・スクエア・ガーデンのメインでジェイ・ホワイトの持つ

IWGPヘビー級のベルトに挑戦する。

 

通年では優勝者はIWGPヘビー級、IWGPインターコンチネンタル、無差別王者NEVER、IWGPUSヘビー級のベルトへ挑戦を選択できる。

王者はNJCには参加しないのが2018年までの常識であった。

 




今回内藤哲也の提案で王者の参加を容認した新日本プロレス

内藤哲也はインターコンチネンタルのベルトを持ちながらNJCに参加が決まった。

内藤哲也はインターコンチネンタルのベルトを持ちながらIWGPヘビー級のベルトを巻く2冠王者になる事を掲げた。

 

NJCでインターコンチネンタルを巻く内藤哲也と無差別級NEVER王者のウィル・オスプレイ、IWGPUSヘビー級王者のジュース・ロビンソンNJCで優勝したら2冠王者のチャンスがあると言う事になる。

IWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイトも黙ってはいなかった。

NJCには興味がないというジェイ・ホワイト

自分以外はエキストラと豪語、しかし1つ要望があるとジェイ・ホワイトは言う

今年は挑戦選択権の廃止に伴い、IWGPインターコンチネンタル王者の内藤哲也、NEVER王者のオスプレイ、そしてIWGP・USヘビー級王者ジュース・ロビンソンがエントリーした。 そこで「王者の3人のうち、誰かが優勝したのなら、2つのベルトをかけて戦うことになる。自分だけがベルトを失うリスクを背負い、相手は何もかけないなんてズルいじゃないか。だったら公平に2つともかけるべきだ」と言い放った。

過去に例のない提案をしたジェイ・ホワイト

過去にインターコンチネンタルを巻きながらIWGPヘビー級に挑戦したレスラーもいたがWタイトルマッチにはなっていない。

 

今回この要望が聞き入れられれば、独自に進んできたベルトが統一される可能性もある。

過去に全日本プロレスが、インターナショナルヘビー級、UNヘビー級、PWFヘビー級を統一して現在の3冠ヘビー級のベルトが出来上がった。

時代を考えれば最強は誰か?など求めないファンも多いのかもしれない

新日本プロレスでの最強はIWGPヘビー級を巻いている王者と言う事である。

 

ベルトの価値は巻いているレスラーで大きく変わると中邑真輔が実践してみせた。

NJCの結果次第ではIWGPヘビー級とインターコンチネンタル

IWGPヘビー級とNEVER

IWGPヘビー級とUSのベルトが統一などと言う事になるのか?

IWGP2冠王者の誕生があるのかもしれない。

 

注目のNJCである。



あわせて読みたい記事