新日本プロレス旗揚げ記念日・新日本プロレス本隊&CHAOSVSロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 

新日本プロレス本隊の棚橋弘至とCHAOSオカダ・カズチカのドリームタッグチームん後藤洋央紀を加えて、チームワーク抜群のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

内藤哲也&EVIL&SANADAで対戦が行われた。

実力者同士の対戦で注目の1戦となったが、1つの注目は後藤洋央紀である。

 

幾度どなくIWGPヘビー級に挑戦した後藤洋央紀であったが念願のIWGPヘビー級のベルトに届くことなく歴代のチャンピオンの前で散っていった後藤洋央紀

実績は申し分ない後藤洋央紀

G1クライマックスやNJC『NEW JAPAN CUP』を制覇している後藤洋央紀

NJCでは連続優勝や最多優勝記録も持つ。

 

永田裕志から中邑真輔そして棚橋弘至とIWGPヘビー級王者と変わっていく

そしていよいよ後藤洋央紀のIWGPヘビー級王座が近づくが新生のごとくオカダ・カズチカが登場棚橋弘至からIWGPヘビー級のベルトをあっさり奪ってしまった。

レインメーカーショックである。




柴田勝頼と同級生タッグを組むが解散、幾度となくオカダ・カズチカに挑戦するが

ベルトを巻くことが出来なかった。

ファンからや内藤哲也からも賞味期限切れを投げかけられた後藤洋央紀

 

その後オカダ・カズチカから何度も誘われCHAOSに加入することになる。

完全王者のオカダ・カズチカがIWGPヘビー級王者時代

同じユニットの後藤洋央紀のIWGPヘビー級挑戦はなく。

 

CHAOSで活躍するも後藤洋央紀メインでの見せ場を作る事は出来ずにいた。

そこで新日本プロレス旗揚げ記念の試合で棚橋弘至&オカダ・カズチカと組みロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンと対決した。

チームワーク抜群のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン一筋縄で勝てるチームではない。

NJC1回戦で対戦するSANADAもいる・・

このチームで後藤洋央紀は本来の力をだして見せた。

後藤式でSANADAからピンフォール勝ちを奪って見せた。

新日本プロレス旗揚げ記念日後藤洋央紀
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

EVILにドロップキックを炸裂。すると内藤がオカダにフロントキック。さらに後藤にトルネードDDTを狙うが、こらえた後藤は内藤に牛殺し。
気合を入れた後藤はSANADAにも牛殺しをしかけるが、SANADAは着地。そして後藤のラリアットをかわし、Skull Endの体勢へ。だが、後藤は切り抜け、一気に後藤式を決めて3カウントを奪取。後藤が『NJC』を前にSANADAから勝利を収めた。

 

勝利を収めた後藤洋央紀はNJC優勝宣言をした。

棚橋弘至&オカダ・カズチカも優勝宣言

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに勝利した棚橋弘至&オカダ・カズチカ&後藤洋央紀

後藤洋央紀が優勝宣言すると

棚橋弘至が後藤洋央紀からマイクを奪い改めて優勝宣言『ちょっくら優勝してきます』

 

オカダ・カズチカも黙ってはいない。

NJC優勝本命と言われるオカダ・カズチカ

「先輩! すみません。ニュージャパンカップは! 大本命のオカダ・カズチカが優勝します!!」と絶叫。

試合も好調オカダ・カズチカが引っ張った。

 

オカダが先陣を買って出ると、L・I・Jは内藤が登場。場内はどよめきに包まれ、両者へのコールが交錯する。オカダはロックアップで組み合うと、内藤をロープに押し込む。そしてエルボーを見舞うと見せかけてクリーンブレイク。
続いて両者は華麗なロープワークから、共にアームホイップを繰り出す。そして内藤が寝転びポーズを披露。オカダはジッと視線を送り、場内は拍手と歓声に包まれる。
続いてオカダが内藤にフロントキックから低空ドロップキック。次は3.11高松の『NEW JAPAN CUP』一回戦で対峙する後藤とSANADAのマッチアップ。後藤の蹴り足を捕らえてダウンさせたSANADAは、パラダイスロックを狙うが、後藤は切り抜ける。ならばとSANADAは軽快な動きを見せるが、後藤は力強いラリアットでダウンを奪う。これを合図に、棚橋とオカダが相手コーナーに突進。

オカダ・カズチカが完全復活となれば内藤哲也もうかうかしていられない。

2冠を狙う内藤哲也

しかし新日本プロレス旗揚げ記念日でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

内藤哲也&EVIL&SANADAが敗退

 

BUSHI&鷹木信吾はSHO&YOHにベルトを奪われてしまった。

盛り上がりを見せるNJCマジソン・スクエア・ガーデンのメインイベントを掴むのは?



あわせて読みたい記事